草來舎のやきもの 草來舎の焼物ができるまで
ブログ[器と食・里山の暮らし] 東京展示会開催中!終了しました

東京展示会開催中!終了しました »

[2017年 9月 25日 月曜日]

東京・品川での草來舎展示会、開催中です! 会場はJR品川駅高輪口近くの「スペース高輪」。 高輪口を出て第一京浜を右へ、徒歩1分です。 大きな地図で見る 会場には、土鍋や茶碗、プレートや鉢、マグ、急須や湯飲みなど ... 続きを読む »

東京展示会準備、着々 その2

東京展示会準備、着々 その2 »

[2017年 9月 21日 木曜日]

9月24日(日)から品川で始まる草來舎・東京展示会。 ※展示会ご案内ページはコチラ 準備も大詰めです。 先週末に窯焚きも終わり、出品予定の作品すべてが焼き上がりました。 でもここからが、ひと仕事。 検品、裏すり、 ... 続きを読む »

東京展示会準備、着々 その1

東京展示会準備、着々 その1 »

[2017年 9月 8日 金曜日]

9月24日(日)からの草來舎・東京展示会。 只今準備の真っ最中。 制作は終了、あとは窯焚きと仕上げ。そして値付けや梱包作業。 まだまだ忙しい日が続きます。 昨日、今日は釉掛けと窯詰め作業でした。 素焼きが済んだ作 ... 続きを読む »

お知らせ

●12月14日~17日、今年度初めての登り窯を焚きます!

●次回展示会は、5月~6月頃に日本橋髙島屋での予定です。詳細が決まり次第お知らせ致します。

 

お客様の食卓を飾る器たち

秋の食卓 »

秋の食卓

我が家では草來舎さんの木工教室で制作した食卓テーブルの上に、草來舎さんの食器が並ばない日はありません。 今年、初めて東京の展示会に伺い、リンゴの釉の大皿などを買い求め、季節を感じ る折々の料理に使っています。 ス ... 続きを読む »

よく生まれてきたね、お茶碗たち »

よく生まれてきたね、お茶碗たち

先日購入させていただいたごはん茶碗、とっても使いやすいです。 ごはんを盛ったときの器との相性もよく、絵柄や色合いそれぞれに、ちょっと見とれます。 それに、何といってもびっくりしたのは手に持ったときお茶碗のふくらみが ... 続きを読む »

ロス(LA)でも草來舎の器で…… »

ロス(LA)でも草來舎の器で……

転勤でロスに来る時、草來舎さんの器も持ってきました。我が家の必需品なので。   ロスには日本食材店のスーパーが3つもあり、何でも(というくらい)揃っています。 調味料、特にお味噌にいたってはすごい種類です。 息子は ... 続きを読む »

3サイズのどんぶり 超便利! »

3サイズのどんぶり 超便利!

1つずつでも、すっごく使いやすいですけど、こんな風に3つ並べて食事する時が最も嬉しいです。幸せだなーって(笑)。 パーティーの時は、それぞれ違うモノを盛りつけるのだけど、サイズ違いって事でちょっと目をひくせいか、よ ... 続きを読む »

営業日カレンダー

  • 今月(2017年11月)
          1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30    
    翌月(2017年12月)
              1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31            
    (      発送業務休日)
新商品

藁灰釉ミニ水盤(小) [f0026] 2,000円 »

藁灰釉ミニ水盤(小) [f0026] 2,000円

藁灰釉の小さな水盤です。 今回ご紹介するミニ水盤の中では、一番小さなサイズです。(写真のCDとの比較を参考にしてください) 透明感のある渋い草色を発色し、見込みにはわずかに青い色が出ていま ... 続きを読む »

信楽自然釉盃 [a0016] 6,000円 »

信楽自然釉盃 [a0016] 6,000円

信楽土の盃を、赤松薪で長時間焼成しました。 熾きの間近で焼成したため半分が炭化しています。降り積もった灰が融けきらずに渋い焼き上がりです。 景色の変化が多様で、お使い頂くうちに艶が増してき ... 続きを読む »

松灰釉小丼 [d0003] 3,000円 »

松灰釉小丼 [d0003] 3,000円

赤松の灰釉を掛け、登り窯の炎でたっぷりと焼いた小どんぶり。 赤松灰の爽やかな緑色と、薪窯でしか得られない火色が見所です。やさしい自然な色合いは中に入れる物を選びません。 具がたっぷりの汁物 ... 続きを読む »

長石釉印花マグ [c0009] 2,800円 »

長石釉印花マグ [c0009] 2,800円

登り窯の中でも一番焼成温度の高い場所で焼かれています。 鉄分の多い信楽の土に印花をして、白化粧土を埋め込んで模様にしています。 さらに土の鉄分が器表面に染み出て景色となっています。 少し大 ... 続きを読む »

人気の器

子ども用食器セット(車) [b0001] 5,000円 »

子ども用食器セット(車) [b0001] 5,000円 離乳食期から4歳児くらいまでのお子さんに使える幼児用食器セットです。 お茶碗とマグは少し浅めで底が広い安定した形。お皿の縁は丸く立ち上がっていて、スプーンですくいやすくなっています。 釉 ... 続きを読む »

松灰釉徳利 [a0038] 4,500円 »

松灰釉徳利 [a0038] 4,500円 松灰釉がたっぷりと掛かった少し大きめの徳利です。 肩に二本入った線刻がアクセント。そこに松灰がガラス状に溜まり、透明感あふれる若草色がさわやかです。 自然から生まれた釉の色は嫌味がなく、少 ... 続きを読む »

どんぐり灰釉印花どんぶり [d0005] 3,500円 »

どんぐり灰釉印花どんぶり [d0005] 3,500円 鉄分の強い赤土に陶印を押してへこませ、白化粧土を象嵌しました。 釉薬は、ナラやクヌギなどのどんぐりがなる木の灰から仕立てました。 登り窯焼成の、独特の艶と華やかさがあります。端反の形は、盛 ... 続きを読む »

焼締南蛮一輪挿 [f0005] 15,000円 »

焼締南蛮一輪挿 [f0005] 15,000円 登り窯の中でも炎が一番渦巻く希少な場所で焼いた焼締の花入れです。使い込むほどに濡れた石のような質感に変わってきます。 庭の草花や野の花が似合う一品。 ... 続きを読む »

茶碗・どんぶり
どんぐり灰釉飯碗 [m0011] 1,800円

どんぐり灰釉飯碗 [m0011] 1,800円

信楽と瀬戸の土を合わせて作り、呉須で楽しく自由に絵付けをしました。 釉薬は、どんぐりの木の灰釉です。 所々に「御本(ごほん)」と呼ばれる薄紅色が出ているものもあります。 呉須の模様と御本は ...

More »
急須・土瓶
焼締炭化急須 [k0001] 9,000円

焼締炭化急須 [k0001] 9,000円

無釉の急須を炭に埋めて炭化させ焼き上げました。渋い色合いと、使い込むほどに増してくる艶を楽しめます。 味のあるモノトーンの急須。ぽってりとした持ち手や注ぎ口が非常にかわいいと喜ばれています ...

More »
酒器(徳利・盃・片口)
松灰釉片口酒器 [h0106] 4,000円

松灰釉片口酒器 [h0106] 4,000円

登り窯で焼き込んだ、松灰釉の片口酒器です。 見込みに溜まったガラス状の松灰釉が見所。 口も裏漏れしません。 一緒に写っているのは、a0105藁灰釉片口酒器と、a0107長石釉片口酒器です。 ...

More »
鉢・片口
松灰釉端反鉢 [h0033] 4,500円

松灰釉端反鉢 [h0033] 4,500円

鉄分の強い赤土に松灰釉を掛けた、少し小ぶりの七寸鉢です。 内側の半分は失透、半分が透明感のある焼き上がりになりました。 内側は見込みに向かって豊かに流れる松灰釉、外側も高台に向かって釉が流 ...

More »
子ども用食器セット(電車) [b0003] 5,000円

子ども用食器セット(電車) [b0003] 5,000円

離乳食期から4歳児くらいまでのお子さんに使える幼児用食器セットです。 お茶碗とマグは少し浅めで底が広い安定した形。お皿の縁は丸く立ち上がっていて、スプーンですくいやすくなっています。 釉 ...

More »
マグ&カップ
長石釉印花マグ [c0009] 2,800円

長石釉印花マグ [c0009] 2,800円

登り窯の中でも一番焼成温度の高い場所で焼かれています。 鉄分の多い信楽の土に印花をして、白化粧土を埋め込んで模様にしています。 さらに土の鉄分が器表面に染み出て景色となっています。 少し大 ...

More »
花入・花器・花瓶
藁灰釉ミニ水盤(小) [f0026] 2,000円

藁灰釉ミニ水盤(小) [f0026] 2,000円

藁灰釉の小さな水盤です。 今回ご紹介するミニ水盤の中では、一番小さなサイズです。(写真のCDとの比較を参考にしてください) 透明感のある渋い草色を発色し、見込みにはわずかに青い色が出ていま ...

More »
湯のみ
長石釉湯呑 [y0017] 2,000円

長石釉湯呑 [y0017] 2,000円

信楽の白土に木曽大平峠の長石釉を掛けて登り窯で焼き上げました。 釉の薄い所は土の中のわずかな鉄分が引き出され、ふんわりと火色が出ています。 柔らかい色合いの肌は使いこんで頂くほどに、しっと ...

More »

草來舎について

工房草來舎は夫婦二人の小さな焼き物工房。

信州伊那谷の南端泰阜(やすおか)村に登り窯と穴窯を築き、薪窯による「焼締自然釉」や、天然の「灰釉」を中心に、日々の暮らしを彩る器を作っています。
 
〒399-1801 長野県下伊那郡泰阜村6218-22
 あんじゃね自然学校内
電話番号 0260-25-2171 / FAX番号 0260-25-2850

※制作中は直接電話に出られませんので、取り次ぎとなります。まずは、お問合せフォームよりご連絡ください。
にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ

Copyright (C) 草來舎. All Rights Reserved.