長石釉飯碗 [m0010] 2,200円 | 和の器 工房 草來舎
草來舎のやきもの 草來舎の焼物ができるまで

長石釉飯碗 [m0010] 2,200円

 カテゴリ : その他の釉薬, 商品, 商品ジャンル, 茶碗・どんぶり, 茶碗・飯椀, 釉薬 | 2011年 4月 6日 水曜日
■写真をクリックすると拡大表示します。ぜひ、ご覧ください!■
m0010

長石釉飯碗  (m0010)

販売価格(税込)
¥2,200
在庫状態 : 売り切れ

このお茶碗は、火に強い伊賀の赤土で作りました。

釉薬は灰の釉薬ではなく、信州木曽産の大平長石という石の粉から作った釉薬です。

ガス窯で焼くと単調なグレーになりますが、登り窯の炎に5日間炙られ、土の鉄分が引き出されて夕焼けのような赤い色に発色しています。

また、窯に中で薪の赤松の灰が器に降り掛かり、緑色の自然釉となっています。

登り窯の中でも炎の激しい場所で焼成し、薪窯ならではの表情豊かなお茶碗となりました。。

お茶碗が二つ写っている写真は、手前がこのお茶碗。奥に写っているのは少し小さ目のm0009長石釉飯碗です。

同じ釉、同じ形ですので、二つ揃えて夫婦茶碗として、ご結婚のお祝いなどとしても最適です。

自然の物から作った釉なので、色の出方、自然釉の掛かり方はそれぞれ少しずつ異なります。予めご了承下さい。

直径 12.4センチ 高さ 6.0センチ 
登り窯焼成
作=葉子

売り切れ
m0010 m0010 m0010 m0010 m0010

 

«       »

工房草來舎は夫婦二人の小さな焼き物工房です。
信州伊那谷の南端泰阜(やすおか)村に登り窯と穴窯を築き、薪窯による「焼締自然釉」や、天然の「灰釉」を中心に、日々の暮らしを彩る器を作っています。

20年間に12600人の方にお届けした器は、今やほとんど見られなくなった昔ながらのやり方で焼き上げたものです。器の美しさに、安全・安心を添えてなお手元に届けます。詳しくは「工房草來舎のやきもの」をお読みください。

〒399-1801 長野県下伊那郡泰阜村6218-22 あんじゃね自然学校内
電話番号 0260-25-2171 / FAX番号 0260-25-2850
お問合せはこちらから >>

※制作中は直接電話に出られませんので、取り次ぎとなります。まずは、メールでお問い合せください。



お知らせ

●8月7日(火)~10日(金)、福島県会津若松市・画廊みゅーずにて草來舎展示会「暮らしを楽しむ器展」を開催します。詳しくはコチラのページをご覧ください。
●9月15日(土)〜9月16日(日)、浜名湖アートクラフトフェアに出店します。

 

営業日カレンダー

  • 今月(2018年8月)
          1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31  
    翌月(2018年9月)
                1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30            
    (      発送業務休日)

検索

 
 
にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ


Copyright (C) 草來舎. All Rights Reserved.