清水アートクラフトフェアに参加しました | 和の器 工房 草來舎
草來舎のやきもの 草來舎の焼物ができるまで

清水アートクラフトフェアに参加しました

 カテゴリ : ブログ[器と食・里山の暮らし] | 2011年 4月 25日 月曜日
■写真をクリックすると拡大表示します。ぜひ、ご覧ください!■

4月23日、24日と静岡市の清水駅前で開催された「清水アートクラフトフェア」に参加しました。全国から陶芸、木工、染織、ガラス、金属などの作品を、作り手のクラフトマン自身がお客さんに直接販売するイベントです。

一日目の23日は生憎の雨。それも一日中。その雨の中でも来場してくださった皆さん、ありがとうございました。

二日目の24日は雲一つない晴天!たくさんのお客さんが来場され盛況でした。ギャラリーなどでの展示会とも違い、直接たくさんのお客さんと話し、やりとりができるのも、こういったイベントの楽しみのひとつ。今回も忌憚ない意見をたくさん頂きました。

海の近くの清水で、器を通して信州の山里の息吹をお伝えできたでしょうか。ここでも林檎の灰釉は好評。他にも藁やドングリの木、松などの釉薬の色に、自然の持つ素朴な力強さを感じて頂けたと思います。

また、さすがお茶の国静岡。湯呑がたくさん売れるのもほかの地域とは違うところでした。会場からは富士山もきれいに見え、雨が降っても清々しい二日間でした。

(葉子)

 

«       »

工房草來舎は夫婦二人の小さな焼き物工房です。
信州伊那谷の南端泰阜(やすおか)村に登り窯と穴窯を築き、薪窯による「焼締自然釉」や、天然の「灰釉」を中心に、日々の暮らしを彩る器を作っています。

20年間に12600人の方にお届けした器は、今やほとんど見られなくなった昔ながらのやり方で焼き上げたものです。器の美しさに、安全・安心を添えてなお手元に届けます。詳しくは「工房草來舎のやきもの」をお読みください。

〒399-1801 長野県下伊那郡泰阜村6218-22 あんじゃね自然学校内
電話番号 0260-25-2171 / FAX番号 0260-25-2850
お問合せはこちらから >>

※制作中は直接電話に出られませんので、取り次ぎとなります。まずは、メールでお問い合せください。



お知らせ

●8月7日(火)~10日(金)、福島県会津若松市・画廊みゅーずにて草來舎展示会「暮らしを楽しむ器展」を開催します。詳しくはコチラのページをご覧ください。
●9月15日(土)〜9月16日(日)、浜名湖アートクラフトフェアに出店します。

 

営業日カレンダー

  • 今月(2018年8月)
          1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31  
    翌月(2018年9月)
                1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30            
    (      発送業務休日)

検索

 
 
にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ


Copyright (C) 草來舎. All Rights Reserved.