草來舎のやきもの 草來舎の焼物ができるまで

秋が来た

 カテゴリ : ブログ[器と食・里山の暮らし] | 2011年 9月 7日 水曜日
■写真をクリックすると拡大表示します。ぜひ、ご覧ください!■

台風が去って、秋が来ました。

この台風では紀伊半島方面で大きな被害が出て、ここ泰阜も同じ山国として他人事とは思えません。

泰阜ではお陰様で田んぼには稲が実り、林檎の収穫も始まりました。このまま実りの秋を穏やかに迎えられるよう、祈るような毎日です。

初秋の窯焚きに向けて、制作も佳境です。新蕎麦の季節に合わせて、蕎麦猪口も作っています。

爽やかな林檎灰釉を掛けようか、それとも温かみのある藁灰釉を掛けようか。

夫婦そろって蕎麦好きの私達。お客様の手に猪口が渡るのも楽しみですが、焼き上がった自作の猪口で、新蕎麦を食べるのも楽しみです。

(葉子)

 

«       »

工房草來舎は夫婦二人の小さな焼き物工房です。
信州伊那谷の南端泰阜(やすおか)村に登り窯と穴窯を築き、薪窯による「焼締自然釉」や、天然の「灰釉」を中心に、日々の暮らしを彩る器を作っています。

20年間に12600人の方にお届けした器は、今やほとんど見られなくなった昔ながらのやり方で焼き上げたものです。器の美しさに、安全・安心を添えてなお手元に届けます。詳しくは「工房草來舎のやきもの」をお読みください。

〒399-1801 長野県下伊那郡泰阜村6218-22 あんじゃね自然学校内
電話番号 0260-25-2171 / FAX番号 0260-25-2850
お問合せはこちらから >>

※制作中は直接電話に出られませんので、取り次ぎとなります。まずは、メールでお問い合せください。



お知らせ

●11月の休業日のお知らせ
11月5日(日)~16日(木)、休業致します。商品発送、お問合せメールへの返信もお休み致しますので、よろしくお願い申し上げます。

●次回展示会は、5月~6月頃に日本橋髙島屋での予定です。詳細が決まり次第お知らせ致します。

 

営業日カレンダー

  • 今月(2017年10月)
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31        
    翌月(2017年11月)
          1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30    
    (      発送業務休日)

検索

 
 
にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ


Copyright (C) 草來舎. All Rights Reserved.