草來舎のやきもの 草來舎の焼物ができるまで

登り窯作品制作中

 カテゴリ : ブログ[器と食・里山の暮らし] | 2012年 1月 17日 火曜日
■写真をクリックすると拡大表示します。ぜひ、ご覧ください!■

今朝、起きたら雪が積もっていました!

長野県に住んでいると言うと、「雪が大変ですね」とよく心配されますが、ここは太平洋側気候で雪はあまり降らないのです。

だからこんな朝は子ども達は大喜び。すでに中3の息子でさえ、「今日はゼッタイ雪合戦」と、いつもより厚手の手袋をはめて登校して行きました。

子ども達は雪遊びでも、大人は寒い中仕事です。今は登り窯の作品制作真っ最中。

冬は粘土が冷たくてロクロ挽きも大変。でも薪ストーブのお蔭で部屋は暖かくてありがたい。(建て替える前の昔の工房は、部屋の中で粘土が凍ってました!)工房の屋根の煙突から、ストーブの煙が出ているのを見ると、なんだかホッとします。

今日、慶は登り窯用に、鉄分の強い土で片口を作っています。少し温度の低い場所で焼締にするつもり。渋い上がりを期待しています。

今年は例年になく寒い日が続いていますが、近所の梅畑ではチラホラと梅も咲き始めました。

春よ来い、春よ来いの毎日ですが、まずはその前に、登り窯の窯焚きを成功させなければね。

(葉子)

 

«       »

工房草來舎は夫婦二人の小さな焼き物工房です。
信州伊那谷の南端泰阜(やすおか)村に登り窯と穴窯を築き、薪窯による「焼締自然釉」や、天然の「灰釉」を中心に、日々の暮らしを彩る器を作っています。

20年間に12600人の方にお届けした器は、今やほとんど見られなくなった昔ながらのやり方で焼き上げたものです。器の美しさに、安全・安心を添えてなお手元に届けます。詳しくは「工房草來舎のやきもの」をお読みください。

〒399-1801 長野県下伊那郡泰阜村6218-22 あんじゃね自然学校内
電話番号 0260-25-2171 / FAX番号 0260-25-2850
お問合せはこちらから >>

※制作中は直接電話に出られませんので、取り次ぎとなります。まずは、メールでお問い合せください。



お知らせ

●東京展示会、盛況のうちに無事に終わりました。ご来場頂いた皆様、ありがとうございました。
本年の展示会はすべて終了致しました。
来年最初の展示会は、5月中旬に日本橋髙島屋での予定です。

営業日カレンダー

  • 今月(2018年11月)
            1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30  
    翌月(2018年12月)
                1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31          
    (      発送業務休日)

検索

 
 
にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ


Copyright (C) 草來舎. All Rights Reserved.