草來舎のやきもの 草來舎の焼物ができるまで

展示会の準備

 カテゴリ : ブログ[器と食・里山の暮らし] | 2012年 4月 15日 日曜日
■写真をクリックすると拡大表示します。ぜひ、ご覧ください!■

6月の東京と名古屋の展示会のための作品作りの毎日です。

展示会では登り窯や穴窯での作品はもちろん、ガス窯での作品も出品します。ここのところ葉子は、ずっとスープボウル作りでした。

スープボウル作りスープボウル大小

大小3種類ほど作り、藁灰釉と林檎灰釉を掛ける予定。藁灰釉はぽってりとした白、林檎灰釉は爽やかな青白色に上がるはず。

お客様にお使い頂くのはもちろん、私自身もポトフやらポタージュやら中華スープやらが、作品を作りながら頭の中を巡っています。焼き上がりは5月半ば頃でしょうか。

その頃にはだいぶ気温も上がっているかな。今年はいつまでも寒くて、やっとこの2日ぐらいで桜が咲き始めました。でもまだ、セーターとフリースが手放せません。

いつもなら一度や二度は食卓に上る山菜も今年はまだ。なかなか伸びない道端のヨモギやカラスノエンドウ、散歩の度にいつ摘もうかなと思案しています。

ほろ苦い春の味、今年はまだちょっとお預けです。

やっと咲いた桜

木蓮の花これは桃?

(葉子)

 

«       »

工房草來舎は夫婦二人の小さな焼き物工房です。
信州伊那谷の南端泰阜(やすおか)村に登り窯と穴窯を築き、薪窯による「焼締自然釉」や、天然の「灰釉」を中心に、日々の暮らしを彩る器を作っています。

20年間に12600人の方にお届けした器は、今やほとんど見られなくなった昔ながらのやり方で焼き上げたものです。器の美しさに、安全・安心を添えてなお手元に届けます。詳しくは「工房草來舎のやきもの」をお読みください。

〒399-1801 長野県下伊那郡泰阜村6218-22 あんじゃね自然学校内
電話番号 0260-25-2171 / FAX番号 0260-25-2850
お問合せはこちらから >>

※制作中は直接電話に出られませんので、取り次ぎとなります。まずは、メールでお問い合せください。



お知らせ

●12月14日~17日、今年度初めての登り窯を焚きます!

●次回展示会は、5月~6月頃に日本橋髙島屋での予定です。詳細が決まり次第お知らせ致します。

 

営業日カレンダー

  • 今月(2017年12月)
              1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31            
    翌月(2018年1月)
      1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31      
    (      発送業務休日)

検索

 
 
にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ


Copyright (C) 草來舎. All Rights Reserved.