草來舎のやきもの 草來舎の焼物ができるまで

樵のおじさんのピザ窯作り

 カテゴリ : ブログ[器と食・里山の暮らし] | 2012年 5月 12日 土曜日
■写真をクリックすると拡大表示します。ぜひ、ご覧ください!■

昨日、ピザやパンを焼く煉瓦の窯を、頼まれて作って来ました。林業仲間のプロの樵のおじさんたちと、ピザを焼く窯を作ろうという話がやっと実現したのです。

樵のおじさんたちがなぜピザ?

もっともです。どう見てもおじさんたちは「ピザ」という雰囲気ではありません。

ここ長野県下伊那地方は、昔は林業が盛んでしたが、現在では山仕事をする人も少なくなりました。山や森林に興味や関心を持つ人も、少なくなってしまいました。

本当に寂しい限りです。

樵のおじさん、すなわち森と関わる仕事をしている人々は、そのことへの危機感が強くあります。

このところの石油の高騰や原発事故などからも、バイオマスへの関心が高まりつつあり、ここ飯田下伊那地域でも薪ストーブを使う家庭が増えてきました。一般家庭の薪ストーブ向けの薪作りも、林業関係者にとっては、森の活用という意味で大切な仕事のひとつになってきています。

今回のピザ窯作りのねらいは、今まで森や環境への関心がなかった一般の方に、薪で焼くピザを通じて、森の豊かさに触れてもらおうというもの。

丸一日かけて、やっと夕方に煉瓦の窯が完成しました。

私がピザ窯を作るのは二基目。レンガを積む仕事は本当に楽しい。

緻密な積み木で遊んでいる感じです。

大変そうでも登り窯や穴窯作りを考えれば、一日足らずでできてしまうんですから、お茶の子さいさいと言うところでしょうか。

なんとこの窯、移動式です。薪を取る森へこの窯を持って行き、森の中でピザやパンを焼いて楽しもうというというわけです。

来週にはさっそく火を入れて試作の予定。

この窯を通じてどんな出会いが生まれるのでしょう。この窯がたくさんの人と森がつながるきっかけになることを願っています。

実はおじさんたち、実際にピザを作ったことはありません。出来上がった窯を見て、「冷凍のピザでいいら」とか、「これでお好み焼きが焼けるのか?」などと言っています。

さあ、果たして樵のおじさん達はおいしいピザが焼けるようになるのか?

不安でもありますが、それが一番の楽しみです。

樵のおじさんたちの奮闘に乞うご期待!

(慶)

 

«       »

工房草來舎は夫婦二人の小さな焼き物工房です。
信州伊那谷の南端泰阜(やすおか)村に登り窯と穴窯を築き、薪窯による「焼締自然釉」や、天然の「灰釉」を中心に、日々の暮らしを彩る器を作っています。

20年間に12600人の方にお届けした器は、今やほとんど見られなくなった昔ながらのやり方で焼き上げたものです。器の美しさに、安全・安心を添えてなお手元に届けます。詳しくは「工房草來舎のやきもの」をお読みください。

〒399-1801 長野県下伊那郡泰阜村6218-22 あんじゃね自然学校内
電話番号 0260-25-2171 / FAX番号 0260-25-2850
お問合せはこちらから >>

※制作中は直接電話に出られませんので、取り次ぎとなります。まずは、メールでお問い合せください。



お知らせ

●11月の休業日のお知らせ
11月5日(日)~16日(木)、休業致します。商品発送、お問合せメールへの返信もお休み致しますので、よろしくお願い申し上げます。

●次回展示会は、5月~6月頃に日本橋髙島屋での予定です。詳細が決まり次第お知らせ致します。

 

営業日カレンダー

  • 今月(2017年10月)
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31        
    翌月(2017年11月)
          1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30    
    (      発送業務休日)

検索

 
 
にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ


Copyright (C) 草來舎. All Rights Reserved.