草來舎のやきもの 草來舎の焼物ができるまで

サンマ皿第二弾

 カテゴリ : ブログ[器と食・里山の暮らし] | 2012年 10月 18日 木曜日
■写真をクリックすると拡大表示します。ぜひ、ご覧ください!■

夏以降、陶器市やクラフトフェアへの出展が続いていましたが、それが一段落して、やっと少し腰を落ち着けて制作する時間ができてきました。

今回作っているのは、サンマ皿第二弾。長方形ではなくて、少し細長い楕円形です。

試作で焼いた作品が写真手前にある物。林檎灰釉と松灰釉を掛け分けてみました。

楕円形なので、長方形よりも使い道が多いかも。お寿司やおにぎりを並べたり、カップを乗せて、その脇にお菓子を乗せたりとか。

前回焼いた長方形の物はこんな感じに仕上がりました。やはり、林檎灰釉と松灰釉の掛け分けです。

一回の窯焚きでたくさんは焼けないので、まだ在庫数が少ないのですが、近いうちにホームページでも販売していきたいと考えています。

●今日の歳時記●

県道の道路標識の裏に、スズメバチの巣を発見。結構大きい。

こんな雨の当たるところなのに。今年は雨が少なかったからかなあ。

最近は都市にもスズメバチが目立つそうで、ニュースでもその被害について警鐘を鳴らしているけれど、不安をあおりたてるBGMとともに「凶暴」とか言うのは、どうかと思う。

動物の中で一番「凶暴」なのは、人間です。

(葉子)

 

«       »

工房草來舎は夫婦二人の小さな焼き物工房です。
信州伊那谷の南端泰阜(やすおか)村に登り窯と穴窯を築き、薪窯による「焼締自然釉」や、天然の「灰釉」を中心に、日々の暮らしを彩る器を作っています。

20年間に12600人の方にお届けした器は、今やほとんど見られなくなった昔ながらのやり方で焼き上げたものです。器の美しさに、安全・安心を添えてなお手元に届けます。詳しくは「工房草來舎のやきもの」をお読みください。

〒399-1801 長野県下伊那郡泰阜村6218-22 あんじゃね自然学校内
電話番号 0260-25-2171 / FAX番号 0260-25-2850
お問合せはこちらから >>

※制作中は直接電話に出られませんので、取り次ぎとなります。まずは、メールでお問い合せください。



お知らせ

●11月の休業日のお知らせ
11月5日(日)~16日(木)、休業致します。商品発送、お問合せメールへの返信もお休み致しますので、よろしくお願い申し上げます。

●次回展示会は、5月~6月頃に日本橋髙島屋での予定です。詳細が決まり次第お知らせ致します。

 

営業日カレンダー

  • 今月(2017年10月)
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31        
    翌月(2017年11月)
          1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30    
    (      発送業務休日)

検索

 
 
にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ


Copyright (C) 草來舎. All Rights Reserved.