草來舎のやきもの 草來舎の焼物ができるまで

三連休は晴れたり大雪だったり

 カテゴリ : ブログ[器と食・里山の暮らし] | 2013年 1月 15日 火曜日
■写真をクリックすると拡大表示します。ぜひ、ご覧ください!■

三連休といっても、職人の毎日は、カレンダー通りに休むわけではないのです。

この休みも、仕事をしたり、地域の行事に参加したり。

里山の暮らしには、昔に比べれば減ったとはいえ「年中行事」が日常の中にあります。

13日は地元の神社でどんと焼き。

お正月飾りや去年のお守り、お札などを燃やし、今年の無病息災を祈ります。

子ども達は書初めを燃やして、その紙が天高く舞ったら、字がうまくなると言われています。

写真では、火を着けて空を駆け上がる紙が見えるでしょうか?見えないなあ。

上昇気流に乗って舞う紙に、子ども達の歓声が響きます。

そして大人はもっぱらお魚を焼き、新年のお酒を酌み交わす。

新しい年になって初めて地域の人が集まる行事なので、あちこちで新年の挨拶も交わされます。

火を囲むと、何だか人は繋がりを強める気がします。

先日の藁燃やしもそうですが、都会では火を焚くことはおろか、家庭の中でも炎のない暮らしが当たり前になっていますが、人の日常から「火を焚くこと」が消えて、ヒトがヒトとなれるのかな。

年の初めにこうやって、地域の人が老若男女、火を中心に一堂に会せる暮らしは、幸せだなぁと思います。

どんと焼きの13日は快晴だったのに、翌日の14日は一転しての大雪!

いやぁ、久しぶりに積もりましたね。長野県といっても、ここは南信。冬の気温は低いけど、雪はあまり降りません。

30センチくらいは積もったかな。この程度で大雪といっては、北信の人に笑われますが、雪かきに追われるし、停電はするし。

私は薄暗い工房で仕事をし、慶は近所の老夫婦世帯の雪かきへ。

泰阜村もお年寄りだけの家が多いので、こんな時は、若い(50代は若い!)世代は出動です。

誰かが困った時に、それぞれが自主的に動くのも、お互いが見える里山の暮らしならでは。

そんなこんなで、三連休は仕事漬けではなかったけど、今日は本当のお休みです。

晴れ渡った雪景色を眺めながら、のんびりです。

(葉子)

 

«       »

工房草來舎は夫婦二人の小さな焼き物工房です。
信州伊那谷の南端泰阜(やすおか)村に登り窯と穴窯を築き、薪窯による「焼締自然釉」や、天然の「灰釉」を中心に、日々の暮らしを彩る器を作っています。

20年間に12600人の方にお届けした器は、今やほとんど見られなくなった昔ながらのやり方で焼き上げたものです。器の美しさに、安全・安心を添えてなお手元に届けます。詳しくは「工房草來舎のやきもの」をお読みください。

〒399-1801 長野県下伊那郡泰阜村6218-22 あんじゃね自然学校内
電話番号 0260-25-2171 / FAX番号 0260-25-2850
お問合せはこちらから >>

※制作中は直接電話に出られませんので、取り次ぎとなります。まずは、メールでお問い合せください。



お知らせ

●9月24日(日)~10月1日(日)東京展示会開催!
ご案内ページはコチラのページです。大越、丸山の在廊時間は上記ページの下段でご案内しています。

●10月7日(土)8日(日)、金津創作の森クラフトマーケット(福井県あわら市)に出店します。

 

営業日カレンダー

  • 今月(2017年9月)
              1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    翌月(2017年10月)
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31        
    (      発送業務休日)

検索

 
 
にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ


Copyright (C) 草來舎. All Rights Reserved.