草來舎のやきもの 草來舎の焼物ができるまで

会津展示会始まりました

 カテゴリ : ブログ[器と食・里山の暮らし] | 2013年 8月 25日 日曜日
■写真をクリックすると拡大表示します。ぜひ、ご覧ください!■

本日8月25日から、草來舎・会津展示会が始まりました。

初日の今日は、午前中からたくさんのお客様にご来場いただきました。
毎年一番乗りの方は、開場前からお待ちになっていて、作り手としては嬉しい限り。
草來舎・会津展示会
毎年草來舎の林檎灰釉の新作を楽しみにしておられる方、マグカップをコレクションしていただいている方など、どのお客様も普段の暮らしの中でしっかりとお使いいただいている方ばかりです。
展示会は直接お客様からお話が伺える貴重な機会。
普段お使いいただいている様子や、使い心地などのお話もお聞きすることができます。
そして、会津は漆器や陶芸、木工などの職人さんが多く、そういった方と情報交換ができるのも嬉しいことです。
午後は雨が降ったりやんだりのおかしな天気でしたが、少し秋めいた様子もありました。
暑い夏も過ぎて、やっと出かけやすくなってきたとのこと、たくさんのお客様に、ぜひお出かけいただきたく、会場でお待ちしております。
この展示会でたくさんのお客様にお会いできるのを楽しみにしています。

●会場のご案内●

期日 2013年8月25日(日)~9月1日(日)
時間 10時~18時
場所 画廊みゅーず
福島県会津若松市中央3-3-7
tel 0242-24-6433
大きな地図で見る

※ブログでも出品作品を紹介しておりますので、あわせてご覧ください。

お玉置き・会津展示会の作品紹介その1(2013年7月28日)

お茶の時間に・会津展示会の作品紹介その2(2013年7月30日)

納豆鉢とお茶碗・会津展示会の作品紹介その3(2013年8月3日)

ミニ水盤・会津展示会の作品紹介その4(2013年8月5日)

灰釉の鉢・会津展示会の作品紹介その5(2013年8月19日)

磐梯山
展示会の搬入前に、久しぶりに故郷の山、磐梯山に登ってきました。山頂付近からの写真です。好天に恵まれ、360度の展望でした。
(慶)

 

«       »

工房草來舎は夫婦二人の小さな焼き物工房です。
信州伊那谷の南端泰阜(やすおか)村に登り窯と穴窯を築き、薪窯による「焼締自然釉」や、天然の「灰釉」を中心に、日々の暮らしを彩る器を作っています。

20年間に12600人の方にお届けした器は、今やほとんど見られなくなった昔ながらのやり方で焼き上げたものです。器の美しさに、安全・安心を添えてなお手元に届けます。詳しくは「工房草來舎のやきもの」をお読みください。

〒399-1801 長野県下伊那郡泰阜村6218-22 あんじゃね自然学校内
電話番号 0260-25-2171 / FAX番号 0260-25-2850
お問合せはこちらから >>

※制作中は直接電話に出られませんので、取り次ぎとなります。まずは、メールでお問い合せください。



お知らせ

●10月14日(日)~21日(日)、JR品川駅近く「スペース高輪」にて、展示会を開催中!
展示会詳細、作家在廊時間などはこちらのページをご覧ください。

 

営業日カレンダー

  • 今月(2018年10月)
      1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31      
    翌月(2018年11月)
            1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30  
    (      発送業務休日)

検索

 
 
にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ


Copyright (C) 草來舎. All Rights Reserved.