草來舎のやきもの 草來舎の焼物ができるまで

焼締自然釉耳付花入 [f0001] 100,000円

 カテゴリ : 商品, 商品ジャンル, 焼締自然釉, 花入・花器・花瓶, 花瓶, 釉薬 | 2010年 10月 19日 火曜日
■写真をクリックすると拡大表示します。ぜひ、ご覧ください!■
f0001

焼締自然釉耳付花入  (f0001)

販売価格(税込)
¥100,000
在庫状態 : 在庫有り 1

伊賀古来の形である耳付きの焼締自然釉花入れです。登り窯で100時間近く、それを3度繰り返して焼き上げました。

自然釉の花器の焼ける場所は棚を組んで焼くことができる釉物とは違い、薪の燃えるすぐ脇で窯の床に直に置かれて焼かれます。(コロガシと呼ばれます)一つの窯焚きでコロガシが置ける場所はごく僅かであり、薪が当たって割れたり床と付いてしまうことも多く、一度の窯焚きでも優品は数本しかとれません。

登り窯に火を入れて80時間を過ぎた頃、温度は1250度を超え、花器だけではなく窯の内部も白色に輝き出します。土が耐火度の限界間際になってくると松薪の炎と灰がぶつかり合い灰が器の上に降り積もり、土と融けあってビードロと呼ぶガラスになります。(窯の中で自然と釉薬状になるので「自然釉」と呼びます)ビードロの他にも花器の周りの熾や炎の具合で表情は千変万化、同じ物は二つとない焼き上がりになります。

たっぷり掛かった松灰の澄んだビードロと、片身替りのコゲの対比が見所の存在感抜群の花入れです。二度三度と窯に入れて焼きを重ねる事によってさらに深いビードロの色合いと景色が生まれます。(この花入れは三度焼きです。)

焼締自然釉は1300度近い温度で焼くので、熱に強い土でなければ形が崩れてしまいます。この花入れは伊賀の極上の土を使っています。

桐箱はご注文を受けてからの製作となります。2週間ほどお時間が掛かります。桐箱が不要な方はご注文の際、その旨をお伝えください。

口径 9センチ 底径 13センチ 高さ 27.5センチ 桐箱付
登り窯焼成
作=慶

数量
f0001 f0001 f0001 f0001 f0001 f0001

 

«       »

工房草來舎は夫婦二人の小さな焼き物工房です。
信州伊那谷の南端泰阜(やすおか)村に登り窯と穴窯を築き、薪窯による「焼締自然釉」や、天然の「灰釉」を中心に、日々の暮らしを彩る器を作っています。

20年間に12600人の方にお届けした器は、今やほとんど見られなくなった昔ながらのやり方で焼き上げたものです。器の美しさに、安全・安心を添えてなお手元に届けます。詳しくは「工房草來舎のやきもの」をお読みください。

〒399-1801 長野県下伊那郡泰阜村6218-22 あんじゃね自然学校内
電話番号 0260-25-2171 / FAX番号 0260-25-2850
お問合せはこちらから >>

※制作中は直接電話に出られませんので、取り次ぎとなります。まずは、メールでお問い合せください。



お知らせ

●12月14日~17日、今年度初めての登り窯を焚きます!

●次回展示会は、5月~6月頃に日本橋髙島屋での予定です。詳細が決まり次第お知らせ致します。

 

営業日カレンダー

  • 今月(2017年11月)
          1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30    
    翌月(2017年12月)
              1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31            
    (      発送業務休日)

検索

 
 
にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ


Copyright (C) 草來舎. All Rights Reserved.