草來舎のやきもの 草來舎の焼物ができるまで

初めての焼き物

 カテゴリ : ブログ[器と食・里山の暮らし] | 2014年 5月 2日 金曜日
■写真をクリックすると拡大表示します。ぜひ、ご覧ください!■

工房のある集落の、深い谷に架かる橋に、地域の有志によって今年も鯉のぼりが上がりました。

この季節は本当に良い季節。

山々は色とりどりの緑に包まれ、まさに「山笑う」とはこのことかと思います。

端午の節句 里山 地域 鯉のぼり

新学期も始まって早一ヶ月。

一緒にものづくりをしている山村留学の子ども達も、新しい仲間を迎え、毎週の「ものづくり教室」も始まりました。

今年初めて山村留学に参加した子ども達は、一学期をかけて、毎日の食事で使うmy食器フルセットを作ります。

それを通して、土練りから成形、焼成までの作陶の基本を学んでいきます。

その手始めがご飯茶碗。

それぞれに緊張した面持ちで取り組みました。

作陶 お茶碗 手作り 

自分の手で作った器で日々の食事を食べると美味しい、うれしい、楽しい。

手作り 陶芸 作陶

自作自用 作陶 陶芸 

ずらりと並んだお茶碗。

渾身の作です。初めての作品ならではの一生懸命さに溢れています。

早く焼き上げて、このお茶碗でみんなで美味しいご飯を食べたいね。

保育園の焼き物 ものづくり 

そしてこの春から、可愛らしい女の子がものづくり教室の仲間入り。

今年保育園の年長さんになった、山村留学スタッフのお子さんです。

ものづくり 幼児のものづくり 保育園 陶芸 作陶小さい手で一生懸命に粘土をこねて、コップを作っていきます。

小さい手には道具も大きく見えます。

壊さないように丁寧に少しずつ。

保育園 造形 ものづくり 陶芸 

緊張と長時間の焼き物作りで、眠くなりながらも、集中が途切れることなく頑張って作りあげました。

これは、一歳の妹へのプレゼント!素敵に焼きあがるといいね。

家族にとっても宝物です。

こんなふうに食卓や家族や一年の暮らしに思いを馳せながら、ゆっくりじっくり焼き物やものづくりをしていきたいと思います。

(慶)

 

«       »

工房草來舎は夫婦二人の小さな焼き物工房です。
信州伊那谷の南端泰阜(やすおか)村に登り窯と穴窯を築き、薪窯による「焼締自然釉」や、天然の「灰釉」を中心に、日々の暮らしを彩る器を作っています。

20年間に12600人の方にお届けした器は、今やほとんど見られなくなった昔ながらのやり方で焼き上げたものです。器の美しさに、安全・安心を添えてなお手元に届けます。詳しくは「工房草來舎のやきもの」をお読みください。

〒399-1801 長野県下伊那郡泰阜村6218-22 あんじゃね自然学校内
電話番号 0260-25-2171 / FAX番号 0260-25-2850
お問合せはこちらから >>

※制作中は直接電話に出られませんので、取り次ぎとなります。まずは、メールでお問い合せください。



お知らせ

●12月14日~17日、今年度初めての登り窯を焚きます!

●次回展示会は、5月~6月頃に日本橋髙島屋での予定です。詳細が決まり次第お知らせ致します。

 

営業日カレンダー

  • 今月(2017年11月)
          1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30    
    翌月(2017年12月)
              1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31            
    (      発送業務休日)

検索

 
 
にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ


Copyright (C) 草來舎. All Rights Reserved.