草來舎のやきもの 草來舎の焼物ができるまで

東京展示会のDM、発送しました

 カテゴリ : ブログ[器と食・里山の暮らし] | 2014年 9月 12日 金曜日
■写真をクリックすると拡大表示します。ぜひ、ご覧ください!■

9月28日(日)から10月5日(日)まで、品川のスペース高輪で開催される工房草來舎の展示会「食を楽しむ器展」のDMを、今日発送しました。

展示会の詳しいご案内はこちらのページで!

東京展示会 草來舎 ギャラリー高輪

今年のDMの写真は、穴窯で焼き込んだ自然釉の扁壷と、灰釉の食器。

中央の楕円皿(2500円)は、昨年の展示会で好評だった楕円サンマ皿より、ひとまわり小さいサイズ。

昨年同様のサンマ皿も出品しますが、切り身のお魚や干物を乗せられるサイズも欲しいという、お客様のご要望に応えたものです。

自然釉の扁壷は、DMでは二種類ですが、展示会では三種類ご用意。

自然釉 花入れ 花瓶 

ところで、この花入れに挿してある白い花はなんでしょう?

答えはニラの花!

我が家の庭にはニラがいっぱい生えていて、今この可憐な白い花が満開です。

草來舎 灰釉 里山

この可愛さなのに、香りはニラそのもの。

ヒョウモンチョウの仲間がよく来ます。

草來舎 灰釉 里山草來舎 灰釉 里山

このニラの花、実はとても美味しいんです!

ニラを少し爽やかにした香りと、シャキシャキとした食感。

少し実がついてくると、今度はナッティーな香りが加わります。

草來舎 灰釉 里山 

我が家ではお肉と炒めたり、実はすりつぶしてペーストにしたりします。

今の季節にしか楽しめない、野趣あふれる味覚。

お皿は、草來舎の定番、林檎灰釉のプレートです。

草來舎 灰釉 里山 プレート草來舎 灰釉 里山 林檎灰釉

展示会には、直径22センチ(3500円)、18センチ(2800円)、15センチ(2200円)の三種類を出品。

写真は、手前が22センチ、奥が18センチのプレートです。

展示会まであと二週間。

この週末は瀬戸市のせともの祭りに出店ですし、来週末は浜名湖アートクラフトフェアに出店。

大忙しですが、ニラの花を食べて頑張ります。

DMをご入用の方はメールにて、お名前、ご住所、必要枚数を明記の上ご連絡ください。

(葉子)

 

«       »

工房草來舎は夫婦二人の小さな焼き物工房です。
信州伊那谷の南端泰阜(やすおか)村に登り窯と穴窯を築き、薪窯による「焼締自然釉」や、天然の「灰釉」を中心に、日々の暮らしを彩る器を作っています。

20年間に12600人の方にお届けした器は、今やほとんど見られなくなった昔ながらのやり方で焼き上げたものです。器の美しさに、安全・安心を添えてなお手元に届けます。詳しくは「工房草來舎のやきもの」をお読みください。

〒399-1801 長野県下伊那郡泰阜村6218-22 あんじゃね自然学校内
電話番号 0260-25-2171 / FAX番号 0260-25-2850
お問合せはこちらから >>

※制作中は直接電話に出られませんので、取り次ぎとなります。まずは、メールでお問い合せください。



お知らせ

●11月の休業日のお知らせ
11月5日(日)~16日(木)、休業致します。商品発送、お問合せメールへの返信もお休み致しますので、よろしくお願い申し上げます。

●次回展示会は、5月~6月頃に日本橋髙島屋での予定です。詳細が決まり次第お知らせ致します。

 

営業日カレンダー

  • 今月(2017年10月)
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31        
    翌月(2017年11月)
          1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30    
    (      発送業務休日)

検索

 
 
にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ


Copyright (C) 草來舎. All Rights Reserved.