草來舎のやきもの 草來舎の焼物ができるまで

登り窯・草來舎の作品・焼締陶

 カテゴリ : ブログ[器と食・里山の暮らし] | 2015年 3月 19日 木曜日
■写真をクリックすると拡大表示します。ぜひ、ご覧ください!■

草來舎が3月22日からの春休みに入る前に、今年の登り窯の作品紹介第4弾。

今回は釉薬を掛けずに焼く「焼締自然釉」の作品です。

登り窯 焼締 自然釉 花入 信楽 草來舎焼締自然釉とは、窯の中で薪である赤松の灰が熱い炎とともに作品の上に掛かり、土の成分と一緒になって溶け合い釉薬状になるもののことです。

ただ単に釉薬状になるだけでなく、炭に埋もれて炭化したり、火色が付いたり、窯変が出たりと、様々な表情が現れ、同じものは二つと取れない貴重なものです。

上の写真の花入れも、釉薬は全く掛けていません。

窯の中に横に寝かせて置き、この面は窯の中では下側になっていた方です。

赤松の灰がガラス状になり(ビードロ)、雫となって回り込み、火色や窯変も付いて、実に複雑な景色を作っています。

焼締 自然釉 花入 登り窯 信楽 草來舎同じ花入れの反対側がこの写真。

窯の中では上を向いていた方です。もちろん釉薬は全く掛けていません。

花入れ全体に自然釉が掛かり、かすかにコゲも出て、豪快な上がりの反対側とはガラリと印象が違う優しい焼き上がり。

焼締 自然釉 花入 登り窯 信楽 草來舎

このように、同じ器でも見る向きによって趣が変わるのが、焼締自然釉の楽しみの一つです。

焼締 自然釉 花入 登り窯 信楽 草來舎

しかし、これだけ自然釉が掛かるということは、薪が激しく燃え盛る、いわば最前線に置かれるということ。

薪が当たって作品が割れるなどの事故が起こることもあります。

焼締 自然釉 花入 登り窯 信楽 草來舎

この作品も、窯焚き中に薪が当たり、片方の耳が取れてしまいました。

焼締 自然釉 花入 登り窯 信楽 草來舎

焼締自然釉は、一回の窯焚きでいくつも取れるものではありませんが、これこそが登り窯の醍醐味。

ガス窯や電気窯では決して焼くことができない、美しさと奥深さです。

焼締 自然釉 花入 登り窯 信楽 草來舎 壺

この作品は窯の中で立てて焼きました。

肩から裾にかけて、自然釉が豊かに流れきっています。

焼締 自然釉 花入 登り窯 信楽 草來舎

窯の中での融着を防ぐため、高台に道具土をつけて立たせます。

自然釉が、その道具土の下まで回り込み、作品と一体化。

激しく炎が流れるゴーッという音までが聞こえてきそうな高台裏です。

焼締 自然釉 花入 登り窯 信楽 草來舎

この花入れは裏に金具が付いていて、壁や柱に掛ける掛花入れにもなります。

焼締 自然釉 徳利 登り窯 信楽 草來舎 酒器

今までご紹介した花入れは全て白い土でしたが、この徳利は鉄分の強い赤土。

白い土に比べて火に弱いので、窯の中でも炎が穏やかな場所に入れて焼きました。

一見、白土の焼締に比べると地味ですが、石のような地肌に微かな変化がまとわりつき、しっとりとした味わいになっています。

長くご愛用いただければ、次第に濡れた石のような艶やかさが増してくる、育てがいのある作品。

焼締自然釉は、窯から出してみないと焼き上がりが分かりません。

一回で景色が付かなければ同じ作品を何度も窯に入れることもあります。

それでも必ず、人の想像を超える焼きを見せてくれるのが焼締自然釉。

この作品が取れるので、登り窯は面白くてたまらないのです。

2月の窯焚きの作品紹介は、今回で最後。

今回の窯焚きで出た焼締自然釉の花入れ、酒器などのオンラインショップでの販売は4月から始まりますので、そちらも合わせてご覧下さい。

(葉子)

 

«       »

工房草來舎は夫婦二人の小さな焼き物工房です。
信州伊那谷の南端泰阜(やすおか)村に登り窯と穴窯を築き、薪窯による「焼締自然釉」や、天然の「灰釉」を中心に、日々の暮らしを彩る器を作っています。

20年間に12600人の方にお届けした器は、今やほとんど見られなくなった昔ながらのやり方で焼き上げたものです。器の美しさに、安全・安心を添えてなお手元に届けます。詳しくは「工房草來舎のやきもの」をお読みください。

〒399-1801 長野県下伊那郡泰阜村6218-22 あんじゃね自然学校内
電話番号 0260-25-2171 / FAX番号 0260-25-2850
お問合せはこちらから >>

※制作中は直接電話に出られませんので、取り次ぎとなります。まずは、メールでお問い合せください。



お知らせ

●11月の休業日のお知らせ
11月5日(日)~16日(木)、休業致します。商品発送、お問合せメールへの返信もお休み致しますので、よろしくお願い申し上げます。

●次回展示会は、5月~6月頃に日本橋髙島屋での予定です。詳細が決まり次第お知らせ致します。

 

営業日カレンダー

  • 今月(2017年10月)
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31        
    翌月(2017年11月)
          1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30    
    (      発送業務休日)

検索

 
 
にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ


Copyright (C) 草來舎. All Rights Reserved.