草來舎のやきもの 草來舎の焼物ができるまで

印花のプレート

 カテゴリ : ブログ[器と食・里山の暮らし] | 2015年 8月 27日 木曜日
■写真をクリックすると拡大表示します。ぜひ、ご覧ください!■

会津展示会が近づいてきました。

会津展示会の作品はすでに会津へ運んだのですが、9月末からの東京展示会の作品の制作が追い込み中です。

印花 プレート 皿 灰釉 草來舎 

今作っているのは印花のプレート。

5寸、7寸、8寸の3種類。

印花 プレート 皿 灰釉 草來舎 

「印花」とは、成形した器がまだ柔らかいうちに、ハンコで模様を付ける装飾方法。

ハンコを押したところの粘土がへこむので、そこに化粧土を象嵌したりします。

草來舎も自作のハンコをいろいろと作って、作品に生かしています。

印花 プレート 皿 灰釉 草來舎 印花 プレート 皿 灰釉 草來舎 

左が草來舎のハンコのほんの一部。右は粘土に押してみたところ。

このプレートの場合は模様に化粧土を入れるわけではなく、粘土がへこんだところに釉薬が溜まり、それが灰釉の色の濃淡となるのを狙います。

印花 プレート 皿 灰釉 草來舎 

印花が終わったら、ロクロで高台の削り出しをして、成形の終了。

後は十分に乾燥させ、素焼き、施釉、本焼きで完成です。

印花 プレート 皿 灰釉 草來舎 

リムの部分に鎬が入っているプレートは、草來舎の定番。

こちらは4寸から8寸の4種類。

これは8月30日からの会津展示会にも出品します。

印花 プレート 皿 灰釉 草來舎 

焼き上がりは、おそらくこんな感じ。

印花のプレートには松灰釉、鎬が入っているプレートには林檎灰釉をかけて焼き上げます。

会津展示会に出品する林檎灰釉のプレート4種類は、下の写真のようなイメージ。

4寸は小皿として、5寸は取り皿やケーキ皿、6寸はパン皿や少し小さめのモーニングプレート、7寸はディナープレートとして使える大きさです。

印花 プレート 皿 灰釉 草來舎 印花 プレート 皿 灰釉 草來舎 

(葉子)

 

«       »

工房草來舎は夫婦二人の小さな焼き物工房です。
信州伊那谷の南端泰阜(やすおか)村に登り窯と穴窯を築き、薪窯による「焼締自然釉」や、天然の「灰釉」を中心に、日々の暮らしを彩る器を作っています。

20年間に12600人の方にお届けした器は、今やほとんど見られなくなった昔ながらのやり方で焼き上げたものです。器の美しさに、安全・安心を添えてなお手元に届けます。詳しくは「工房草來舎のやきもの」をお読みください。

〒399-1801 長野県下伊那郡泰阜村6218-22 あんじゃね自然学校内
電話番号 0260-25-2171 / FAX番号 0260-25-2850
お問合せはこちらから >>

※制作中は直接電話に出られませんので、取り次ぎとなります。まずは、メールでお問い合せください。



お知らせ

●11月の休業日のお知らせ
11月5日(日)~16日(木)、休業致します。商品発送、お問合せメールへの返信もお休み致しますので、よろしくお願い申し上げます。

●次回展示会は、5月~6月頃に日本橋髙島屋での予定です。詳細が決まり次第お知らせ致します。

 

営業日カレンダー

  • 今月(2017年11月)
          1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30    
    翌月(2017年12月)
              1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31            
    (      発送業務休日)

検索

 
 
にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ


Copyright (C) 草來舎. All Rights Reserved.