草來舎のやきもの 草來舎の焼物ができるまで

今年もよろしくお願いいたします

 カテゴリ : ブログ[器と食・里山の暮らし] | 2016年 1月 10日 日曜日
■写真をクリックすると拡大表示します。ぜひ、ご覧ください!■

今日は地区の神社でどんど焼きでした。

どんど焼き 草來舎 登り窯 お正月飾りや去年の御札、お守りなどを燃やし、無病息災、五穀豊穣を祈ります。

地区の老若男女が一堂に会する、年明け初めての行事。

大きな火を囲みながら、あちこちで新年の挨拶が交わされます。

どんど焼き 草來舎 登り窯 どんど焼き 草來舎 登り窯 

傍らでは、イワシを焼くいい匂い。

炭で焼いたイワシは骨まで食べられ、大人たちはお酒を片手にちょっといい気分。

子ども達は書き初めを火の中にいれ、高く舞い上がるたびに大歓声。

どんど焼きの炎が落ち着いて熾になると、そこでお餅を焼いて食べるのも子ども達の楽しみのひとつです。

街中では火を焚くこと自体ができなくなっているので、こんなふうに地区の人達が火を囲んで一緒に過ごせるのは、幸せなことだなぁとつくづく感じました。

どんど焼き 草來舎 登り窯 

天竜川の向こうの山あいからも、何本も煙が立つのが見えました。

今日はあちこちの集落でどんど焼きだったようです。

どんど焼き 草來舎 登り窯 片口

のんびり過ごした午前中でしたが、午後は仕事、仕事。

2月半ばの登り窯の窯焚きに向けて、慶はせっせと片口作り。

鉄分の強い土で、焼き締めの面白い焼きのものができればと思っています。

(葉子)

 

«       »

工房草來舎は夫婦二人の小さな焼き物工房です。
信州伊那谷の南端泰阜(やすおか)村に登り窯と穴窯を築き、薪窯による「焼締自然釉」や、天然の「灰釉」を中心に、日々の暮らしを彩る器を作っています。

20年間に12600人の方にお届けした器は、今やほとんど見られなくなった昔ながらのやり方で焼き上げたものです。器の美しさに、安全・安心を添えてなお手元に届けます。詳しくは「工房草來舎のやきもの」をお読みください。

〒399-1801 長野県下伊那郡泰阜村6218-22 あんじゃね自然学校内
電話番号 0260-25-2171 / FAX番号 0260-25-2850
お問合せはこちらから >>

※制作中は直接電話に出られませんので、取り次ぎとなります。まずは、メールでお問い合せください。



お知らせ

●12月14日~17日、今年度初めての登り窯を焚きます!

●次回展示会は、5月~6月頃に日本橋髙島屋での予定です。詳細が決まり次第お知らせ致します。

 

営業日カレンダー

  • 今月(2017年12月)
              1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31            
    翌月(2018年1月)
      1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31      
    (      発送業務休日)

検索

 
 
にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ


Copyright (C) 草來舎. All Rights Reserved.