草來舎のやきもの 草來舎の焼物ができるまで

お子さま仕様マグカップ

 カテゴリ : ブログ[器と食・里山の暮らし] | 2010年 10月 21日 木曜日
■写真をクリックすると拡大表示します。ぜひ、ご覧ください!■

お子さま仕様マグカップ試作中慶がしかめっ面をして描いているのは、子ども用マグの絵付け。

電車とか、車とか、動物とか、猫とか。猫は愛猫家に喜ばれるかも。

どんぐりの木の灰釉は絵付けをきれいに見せるので、このマグには全部どんぐり灰釉を掛けます。

試作の段階なので、ネット販売にはまだ出せませんが、いずれアップする予定。気になる方は気長にお待ち下さい(笑)。

餃子の味

特別な味の餃子近所のおばあさんから餃子をいただきました。

めっちゃくっちゃウマイ餃子です。まさに中国東北地方の味。

この泰阜村は戦前満州に開拓団を送り出した村ですが、戦後の開拓団員が辿った辛苦の道を、知る人も少なくなってきてしまいました。

このおばあさんも「残留婦人」(終戦時は子どもだったんだけどね)として、何十年にも渡る中国生活を余儀なくされてきた方。そんな方達が泰阜には何人もいらっしゃいます。

その方達の作る餃子は、ウマクて、力強くて、悲しくて、誰にもまねのできない、味がします。

(葉子)

 

«       »

工房草來舎は夫婦二人の小さな焼き物工房です。
信州伊那谷の南端泰阜(やすおか)村に登り窯と穴窯を築き、薪窯による「焼締自然釉」や、天然の「灰釉」を中心に、日々の暮らしを彩る器を作っています。

20年間に12600人の方にお届けした器は、今やほとんど見られなくなった昔ながらのやり方で焼き上げたものです。器の美しさに、安全・安心を添えてなお手元に届けます。詳しくは「工房草來舎のやきもの」をお読みください。

〒399-1801 長野県下伊那郡泰阜村6218-22 あんじゃね自然学校内
電話番号 0260-25-2171 / FAX番号 0260-25-2850
お問合せはこちらから >>

※制作中は直接電話に出られませんので、取り次ぎとなります。まずは、メールでお問い合せください。



お知らせ

●9月24日(日)~10月1日(日)東京展示会開催!
ご案内ページはコチラのページです。大越、丸山の在廊時間は上記ページの下段でご案内しています。

●10月7日(土)8日(日)、金津創作の森クラフトマーケット(福井県あわら市)に出店します。

 

営業日カレンダー

  • 今月(2017年9月)
              1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    翌月(2017年10月)
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31        
    (      発送業務休日)

検索

 
 
にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ


Copyright (C) 草來舎. All Rights Reserved.