草來舎のやきもの 草來舎の焼物ができるまで

柿食ったの誰?/天の龍、現われる

 カテゴリ : ブログ[器と食・里山の暮らし] | 2010年 11月 2日 火曜日
■写真をクリックすると拡大表示します。ぜひ、ご覧ください!■

柿食ったの誰?ウチと工房の間にある柿の木の枝に、一つだけ残った柿の実を、こんなふうにして食べたのは誰? サル? 鳥? 

鳥が乗ってもしなりそうな細い枝。サルには届きそうにもない高さ。鳥がホバリングして一生懸命食べたのかな。

そういえば、今年は柿の実が少なかった。昨年は、たわわに実った柿で柿酢作りに挑戦したものの、みごと腐敗。あーあ。来年は鳥に食われる前に、ちょっとズク出して柿酢に再挑戦してみようっと。

天の龍、現われる

天の龍、現われる朝、天竜川の川霧が、谷を覆い尽くす季節になりました。

日がのぼってから少しの間しか見られない晩秋の風物詩です。

この時間、我が家はこの霧の中。でも朝起きて外が霧で真っ白だと、その日は快晴間違いなし。抜けるような、悲しいほどの青空が広がります。川霧が出れば、いよいよ冬本番が近い。水仕事ばかりの焼きもの屋にとっては手荒れと冷えとの戦いの季節ですが、今日も気張って一日ロクロを挽くぞ。

(葉子)

 

«       »

工房草來舎は夫婦二人の小さな焼き物工房です。
信州伊那谷の南端泰阜(やすおか)村に登り窯と穴窯を築き、薪窯による「焼締自然釉」や、天然の「灰釉」を中心に、日々の暮らしを彩る器を作っています。

20年間に12600人の方にお届けした器は、今やほとんど見られなくなった昔ながらのやり方で焼き上げたものです。器の美しさに、安全・安心を添えてなお手元に届けます。詳しくは「工房草來舎のやきもの」をお読みください。

〒399-1801 長野県下伊那郡泰阜村6218-22 あんじゃね自然学校内
電話番号 0260-25-2171 / FAX番号 0260-25-2850
お問合せはこちらから >>

※制作中は直接電話に出られませんので、取り次ぎとなります。まずは、メールでお問い合せください。



お知らせ

●11月の休業日のお知らせ
11月5日(日)~16日(木)、休業致します。商品発送、お問合せメールへの返信もお休み致しますので、よろしくお願い申し上げます。

●次回展示会は、5月~6月頃に日本橋髙島屋での予定です。詳細が決まり次第お知らせ致します。

 

営業日カレンダー

  • 今月(2017年10月)
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31        
    翌月(2017年11月)
          1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30    
    (      発送業務休日)

検索

 
 
にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ


Copyright (C) 草來舎. All Rights Reserved.