草來舎のやきもの 草來舎の焼物ができるまで
Category archives for: 茶碗・どんぶり
左側の写真をクリックすると拡大表示、右側の写真をクリックすると詳細ページにジャンプ

黒釉飯碗 [m0018] 2,000円

m0018

楢灰に鉄分を多く含む鬼板を合わせて黒釉を仕立てています。 渋い色合いですが、ご飯の色が美味しく見える飯碗です。 DM掲載商品。 サイズ 直径12.5センチ 高さ6センチ ガス窯焼成 作=慶

刷毛目飯碗 [m0017] 2,200円

m0017

鉄分の多い土に韓国の白土の化粧土を藁刷毛でサッと一掃きした、小ぶりの飯碗です。 楢灰から仕立てた釉薬を掛けています。 サイズ 直径11.7センチ 高さ6センチ 登り窯焼成 作=慶

林檎灰釉飯碗 [m0016] 2,200円

m0016

信州産の林檎の木の灰から仕立てた林檎灰釉の飯碗です。 林檎の灰の持つ自然な青い色合いが華やかです。 サイズ 直径12.3センチ 高さ6センチ ガス窯焼成 作=葉子

松灰釉飯碗 [m0015] 2,200円

m0015

赤松の古木の灰から釉薬を仕立てました。 その若葉のような深い色合いはビードロとも呼ばれ、古くから日本人に愛されてきました。 白いご飯も炊き込みご飯などもよく合います。 サイズ 直径12センチ 高さ5.7センチ 登り窯焼成

藁灰釉飯碗 [m0014] 2,500円

m0014

藁灰釉の柔らかで穏やかな表情が、白いご飯をやさしく受け止めます。 変化に富んだ釉薬の調子も見所、丸い形も手になじみます。 サイズ 直径12センチ 高さ5.8センチ 登り窯焼成 作=葉子

粉引飯碗 [m0013] 2,200円

m0013

韓国の白泥土をたっぷりと掛けた粉引の飯碗です。 登り窯の炎の穏やかな所でじっくり焼き上げました。 柔らかな風合いの少し小ぶりのお茶碗です。 サイズ  直径11.7センチ 高さ5.7センチ 登り窯焼成 作=慶

三島飯碗 [m0012] 2,500円

m0012

陶印で押したへこみに韓国の白泥土を埋め込み、半乾きの時に削り出します。 削り加減で模様の出方も変わってきます。 模様はひとつひとつ異なり、落ち着いた中に華のある飯碗です。 サイズ  直径12.6センチ 高さ6センチ 登り

どんぐり灰釉飯碗 [m0011] 1,800円

どんぐり灰釉飯碗 [m0011] 1,800円
m0011

信楽と瀬戸の土を合わせて作り、呉須で楽しく自由に絵付けをしました。 釉薬は、どんぐりの木の灰釉です。 所々に「御本(ごほん)」と呼ばれる薄紅色が出ているものもあります。 呉須の模様と御本は、ひとつひとつ出方が違いますので

長石釉飯碗 [m0010] 2,200円

長石釉飯碗 [m0010] 2,200円
m0010

このお茶碗は、火に強い伊賀の赤土で作りました。 釉薬は灰の釉薬ではなく、信州木曽産の大平長石という石の粉から作った釉薬です。 ガス窯で焼くと単調なグレーになりますが、登り窯の炎に5日間炙られ、土の鉄分が引き出されて夕焼け

長石釉飯碗 [m0009] 2,000円

長石釉飯碗 [m0009] 2,000円
m0009

丸い形の少し小ぶりなお茶碗です。 このお茶碗の釉薬は灰の釉薬ではなく、長石という石の粉から作った釉薬を掛けました。 ガス窯で焼くと単調なグレーになりますが、登り窯の炎に5日間炙られ、夕焼けのような赤い色が発色しています。



検索

営業日カレンダー

  • 今月(2020年7月)
          1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31  
    翌月(2020年8月)
                1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31          
    (      発送業務休日)

 
 
にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ


Copyright (C) 草來舎. All Rights Reserved.