草來舎のやきもの 草來舎の焼物ができるまで
Category archives for: 鉢・片口
左側の写真をクリックすると拡大表示、右側の写真をクリックすると詳細ページにジャンプ

松灰釉端反鉢 [h0033] 4,500円

松灰釉端反鉢 [h0033] 4,500円
h0033

鉄分の強い赤土に松灰釉を掛けた、少し小ぶりの七寸鉢です。 内側の半分は失透、半分が透明感のある焼き上がりになりました。 内側は見込みに向かって豊かに流れる松灰釉、外側も高台に向かって釉が流れ、いくつもの雫となっているのが

松灰釉鉢 [h0031] 6,000円

松灰釉鉢 [h0031] 6,000円
h0031

内側は失透、外側は透明に上がった、松灰釉のシンプルな鉢です。 少し楕円にたわんだ形、登り窯で焼き込んだ力強さと、渋い存在感。 見込みの狭い形は盛り込みがしやすく、少量の物でも様になる、使いやすい盛鉢です。 直径20.5セ

林檎灰釉端反鉢 [h0028] 5,000円

林檎灰釉端反鉢 [h0028] 5,000円
h0028

h0027より一回り小さい林檎灰釉の端反り鉢。 全体に青白から紫の発色です。登り窯らしい華やかさと透明感があり、存在感のある器です。 直径19センチ 高さ6.3センチ 登り窯焼成 作=葉子

藁灰反鉢 [h0025] 5,000円

藁灰反鉢 [h0025] 5,000円
h0025

藁灰釉のシンプルな盛鉢。h0024の鉢と比べると、全体に灰白色の上がりです。藁灰釉らしい、豊かで温かみのある、たっぷりとした白。形は正円ではなく、かすかに楕円となっています。柔らかな形と柔らかな色合い。何を盛っても盛り映

林檎灰釉鉢 [h0021] 7,000円

林檎灰釉鉢 [h0021] 7,000円
h0021

林檎灰釉の中でも、深いブルーグレー色に焼き上がった作品です。 登り窯で5日間焼き込みました。落ち着いた色合いと少し浅めの形で使い勝手が良く、季節を問わず重宝します。 写真だけでは分からない、透明感と奥行きのある灰釉の美し

焼締南蛮鉢 [h0014] 9,000円

焼締南蛮鉢 [h0014] 9,000円
h0014

赤土を登り窯で五昼夜焼き締めた平鉢です。 ブログの2011年3月3日にも登場。 平たいので盛りやすく、料理の色が華やかに見えます。何年もお使いいただくうちに、艶が出て滑らかになっていきます。ぜひ、毎日の食卓で活躍させて欲

焼締自然釉片口 [h0012] 5,000円

焼締自然釉片口 [h0012] 5,000円
h0012

信楽の白土を登り窯で焼き締めた無釉の片口。窯の中で薪の赤松の灰が作品に降りかかり、自然釉となって器を彩っています。 見込みには松の灰がたまってガラスのようになり、火裏は薪窯特有の緋色が美しく出ています。 直径 14センチ

焼締南蛮片口 [h0013] 5,000円

焼締南蛮片口 [h0013] 5,000円
h0013

赤土を登り窯で焼き締めた無釉の片口。 火前の側面には豊かな自然釉が掛かっています。 使い込むほどにアクが抜けて艶やかな色合いになってきます。 直径 15センチ 高さ 9センチ 登り窯焼成 作=慶

林檎灰釉浅鉢 [h0010] 6,500円

林檎灰釉浅鉢 [h0010] 6,500円
h0010

赤土の林檎灰釉ですが、登り窯の酸化焼成で、紫色に仕上がっています。 直径 20.5センチ 高さ 6センチ 登り窯焼成 作=葉子

松灰釉印花鉢 [h0006] 7,000円

松灰釉印花鉢 [h0006] 7,000円
h0006

「印花」とは、胎にハンコで押した模様のこと。その模様に松灰釉がガラスのようにたまり、器に変化をつけています。



検索

営業日カレンダー

  • 今月(2020年7月)
          1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31  
    翌月(2020年8月)
                1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31          
    (      発送業務休日)

 
 
にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ


Copyright (C) 草來舎. All Rights Reserved.