草來舎のやきもの 草來舎の焼物ができるまで
Category archives for: 湯のみ
左側の写真をクリックすると拡大表示、右側の写真をクリックすると詳細ページにジャンプ

長石釉湯呑 [y0017] 2,000円

長石釉湯呑 [y0017] 2,000円
y0017

信楽の白土に木曽大平峠の長石釉を掛けて登り窯で焼き上げました。
釉の薄い所は土の中のわずかな鉄分が引き出され、ふんわりと火色が出ています。
柔らかい色合いの肌は使いこんで頂くほどに、しっと

長石釉灰被湯呑 [y0016] 2,000円

長石釉灰被湯呑 [y0016] 2,000円
y0016

信楽の土に木曽大平峠の長石で仕立てた釉薬を掛けました。
炎の当たった部分に赤松薪の灰が被って自然釉となり、味わい深い自然のグラデーションをなしています。
使い込んで頂くことでさらにしっとり

林檎灰釉汲出 [y0015] 1,800円

林檎灰釉汲出 [y0015] 1,800円
y0015

信楽土に林檎灰釉を掛けて登り窯で長時間焼成しました。
林檎灰釉は焼成温度が高いと透明になっていきます。
この湯呑は、青みがかった色合いに赤松の薪の灰が降って薄緑色が出ています。
すっきりと

藁灰釉印花汲出 [y0014] 1,800円

藁灰釉印花汲出 [y0014] 1,800円
y0014

土が柔かいうちに陶土で作った印を押して模様とし、藁灰釉を掛けています。
登り窯で酸化焼成しているため、柔かい白さが際立っています。
炎のあたり方や釉の厚さで多彩な表情を持った湯呑です。

林檎灰釉汲出 [y0013] 2,000円

林檎灰釉汲出 [y0013] 2,000円
y0013

信楽の土に信州の林檎の木の灰で仕立てた釉薬を掛けて登り窯で焼き上げました。
赤松の薪で長時間焼き上げていますので、すっきりとした形の中に味わい深い表情があります。
くつろぎのお茶の時間にに

林檎灰釉大湯呑 [y0012] 3,000円

林檎灰釉大湯呑 [y0012] 3,000円
y0012

少し荒めの信楽の土で、たっぷりと大き目の湯呑に仕上げました。
信州特産の林檎の木の灰から仕立てた釉を掛け、還元炎で焼き上げています。
青みを帯びた独特の柔かい色合いは林檎灰釉ならでは。日本

藁灰釉湯呑 (小)[y0011] 2,000円

藁灰釉湯呑 (小)[y0011] 2,000円
y0011

藁灰釉のシンプルな形の湯呑です。
表情豊かで丈夫な藁灰釉は、稲作文化の日本では代表的な釉薬です。
この小さな湯呑にも田んぼの恵みが詰まっています。
二つ写っている写真は、この湯呑より少し大

藁灰釉湯呑 (大)[y0010] 2,200円

藁灰釉湯呑 (大)[y0010] 2,200円
y0010

少し大きめの藁灰釉の湯呑です。
藁灰釉は柔らかな乳濁した色合いが特徴です。土の鉄分が釉に溶け込んで、表情を豊かなものにしています。
二つ写っている写真は、この湯呑より少し小さめのy0011

藁灰釉大湯呑 [y0009] 2,500円

藁灰釉大湯呑 [y0009] 2,500円
y0009

たっぷりお茶を召し上がりたい方のために、大振りの湯呑に仕上げました。
藁灰とどんぐりの木の灰で仕立てた釉を掛けました。
藁灰釉の柔らかな色合いは日本人に昔から愛されてきました。ほっとしたく

志野鉄絵湯呑(二客組) [y0008] 4,000円

志野鉄絵湯呑(二客組) [y0008] 4,000円
y0008

木曽の大平峠の長石で仕立てた釉を掛け、登り窯でも一番温度の高い場所で焼き上げました。
釉の掛かりの薄い所は土のわずかな鉄分が引き出されて、薄く赤みがさしています。
硬くしっかりとした焼き上



お知らせ

●9月24日(日)~10月1日(日)東京展示会開催!
ご案内ページはコチラのページです。大越、丸山の在廊時間は上記ページの下段でご案内しています。

●10月7日(土)8日(日)、金津創作の森クラフトマーケット(福井県あわら市)に出店します。

 

営業日カレンダー

  • 今月(2017年9月)
              1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    翌月(2017年10月)
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31        
    (      発送業務休日)

検索

 
 
にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ


Copyright (C) 草來舎. All Rights Reserved.