草來舎のやきもの 草來舎の焼物ができるまで
Category archives for: 湯のみ
左側の写真をクリックすると拡大表示、右側の写真をクリックすると詳細ページにジャンプ

長石釉唐津湯呑(二客組み) [y0006] 3,600円

長石釉唐津湯呑(二客組み) [y0006] 3,600円
y0006

鉄分を多く含む唐津の土を使いました。 薄作りでとても手取りが軽い仕上りです。女性の手にも持ちやすい細めの形。 長石釉を掛け還元炎で焼き上げ、とても渋い色合いで、落ち着いた雰囲気の湯呑です。 二客組での販売になります。 直

藁灰釉湯呑(二客組)[y0005] 4,000円

藁灰釉湯呑(二客組)[y0005] 4,000円
y0005

口辺に鉄絵具を刷いて、たっぷりと藁灰釉を掛けました。 強い還元炎で青みが出ています。所々に出た、なだれの景色も味わい深く、登り窯ならではの上がりです。 藁灰釉の柔かい白は、煎茶にも番茶にもよく合います。 女性の手にもずっ

長石釉筒湯呑 [y0004] 3,000円

長石釉筒湯呑 [y0004] 3,000円
y0004

たっぷりめの大きな筒湯呑です。 長石釉という石の粉の釉薬を掛けました。この釉薬は、ガス窯や電気窯では単調なグレーの焼き上がりですが、薪の炎に当たると、ほんのりとした紅色の艶っぽい上がりになります。 同じ器の上でも様々な表

長石釉湯呑 [y0003] 2,500円

長石釉湯呑 [y0003] 2,500円
y0003

これは灰釉ではなく、長石という石の粉の釉薬です。ガス窯や電気窯では単調な白からグレーの上がりになりますが、薪の窯では美しい夕焼けのような色が出ます。これは登り窯で100時間焼きこんだ物。 炎の当たり具合で一つの器の中にも

松灰釉湯呑 [y0002] 2,200円

松灰釉湯呑 [y0002] 2,200円
y0002

松灰釉が豊かに掛かる汲出。 大胆に付けられたロクロ目に、松灰釉の爽やかなグリーンがガラスのように溜まってお茶の色が映えます。 高台の土に緋色が出ているのも見所です。 直径 9.8センチ 高さ 6.1センチ 登り窯焼成 作

飴釉湯呑 [y0001] 1,800円

飴釉湯呑 [y0001] 1,800円
y0001

内側に彩られた印花に、飴釉が表情を付ける汲出。民陶を思わせる素朴さが和みのお茶の時間にぴったり。 直径 9.0センチ 高さ 6.1センチ 登り窯焼成 作=葉子



お知らせ


●年末年始休業のお知らせ

2018年12月29日より2019年1月5日まで発送休業日となります。メールでのお問い合わせには対応いたします。
●12月13日~16日、登り窯を焚きました。窯焚きの様子はブログをご覧ください。
●2019年最初の展示会は、6月中旬に日本橋髙島屋での予定です。

 

営業日カレンダー

  • 今月(2018年12月)
                1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31          
    翌月(2019年1月)
        1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31    
    (      発送業務休日)

検索

 
 
にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ


Copyright (C) 草來舎. All Rights Reserved.