草來舎のやきもの 草來舎の焼物ができるまで
Category archives for: 商品
左側の写真をクリックすると拡大表示、右側の写真をクリックすると詳細ページにジャンプ

藁灰釉ミニ水盤(大) [f0019] 4,000円

藁灰釉ミニ水盤(大) [f0019] 4,000円
f0019

藁灰釉の小さな水盤です。
今回ご紹介するミニ水盤の中では、一番大きなサイズです。(写真のCDとの比較を参考にしてください)
付属の花立や、お持ちの小さな剣山などを入れて、ちょっとした生け花

松灰釉片口酒器 [a0059] 6,000円

松灰釉片口酒器 [a0059] 6,000円
a0059

信楽の白土に、松灰釉を片掛けにして登り窯で焼締めました。
松灰釉の上からさらに窯の中で自然釉が掛かり、独特の深い味わいを出しています。白土の焼締めらしい明るい焼き上がりは、透明なお酒をより

松灰釉片口酒器 [a0058] 5,000円

松灰釉片口酒器 [a0058] 5,000円
a0058

信楽の白土に、松灰釉を片掛けにして登り窯で焼締めました。
外側は松灰釉のガラス状の緑、火前から火裏にかけて変化していく火色などを楽しむことができます。内側はたっぷりと掛かった松灰釉が、枯野

松灰釉片口酒器 [a0057] 5,000円

松灰釉片口酒器 [a0057] 5,000円
a0057

信楽の白土に、松灰釉を片掛けにして登り窯で焼締めました。松灰がビードロ状になったなった火前、土の色がそのまま見える火裏、松灰が枯れた趣を見せる内側と、ひとつの器の中で様々な表情が見られます

信楽焼締片口酒器 [a0054] 6,000円

信楽焼締片口酒器 [a0054] 6,000円
a0054

信楽の赤土に釉薬を掛けずに登り窯で焼締めました。少し丸く愛らしい形に、火前には自然釉がたっぷりと掛かっています。
器外側の自然釉はガラスのような艶やかさが、内側の自然釉は艶消しの仕上がりで

刷毛目徳利 [a0041] 3,000円

刷毛目徳利 [a0041] 3,000円
a0041

やや小ぶりの徳利です。鉄分の強い赤い土に白い泥で刷毛間を付け、どんぐりの木の灰釉を掛けました。登り窯の中で赤松の薪の灰が降りかかり、うっすらと渋い緑色が発色しています。小さいながらも存在感

刷毛目徳利 [a0040] 4,000円

刷毛目徳利 [a0040] 4,000円
a0040

鉄分の強い赤い土に、白い泥で豪快な刷毛目を刷いた徳利。少しマットな肌合いは、渋く滋味あふれる表示を見せています。使い込むほどにしっとりとした艶が出てきます。
最大直径 約8.6センチ 高さ

藁灰釉徳利 [a0043] 3,000円

藁灰釉徳利 [a0043] 3,000円
a0043

信楽の白土に藁の灰釉をたっぷりと掛けました。藁灰釉独特の白さは、柔らかく温かみのある味わいです。釉調に合ったポテンとした丸い形。口辺からなだれ落ちる鉄の茶色がアクセント。やや小ぶりの愛らし

信楽自然釉徳利 [a0042] 10,000円

信楽自然釉徳利 [a0042] 10,000円
a0042

信楽の白土に、釉薬を掛けずに登り窯で100時間近く焼き込んだ徳利。炎が直接当たるところには、薪の赤松の灰がたっぷりと掛かり、見事な自然釉を見せています。裏側の赤く染まった火色もみどころのひ

南蛮ぐい呑み [a0051] 4,000円

南蛮ぐい呑み [a0051] 4,000円
a0051

常滑の赤い土を、釉薬を掛けずに薪窯で焼締めました。炎が当たる火前には薪の灰が掛かり自然釉となっています。焼締めの器は、お使い頂くうちに艶が出て来るのが特徴です。キリリと冷やした冷酒がよく似



お知らせ

●2月15日~18日、登り窯を焚きました!

●次回展示会は、6月5日(火)~11日(月)、日本橋髙島屋での予定です。詳細が決まり次第お知らせ致します。

 

営業日カレンダー

  • 今月(2018年2月)
            1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28      
    翌月(2018年3月)
            1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31
    (      発送業務休日)

検索

 
 
にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ


Copyright (C) 草來舎. All Rights Reserved.