草來舎のやきもの 草來舎の焼物ができるまで
Posts tagged as: 手作り
左側の写真をクリックすると拡大表示、右側の写真をクリックすると詳細ページにジャンプ

保育園の作品が焼きあがりました!

保育園の作品が焼きあがりました!

27日で、草來舎・名古屋展示会が終了しました。 ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。 さて、展示会が終わったといっても、のんびりはしていられません。 6月に行った東京の保育園でのワークショップの作品が焼きあがっ

灰釉ができるまで・桜灰の水簸

灰釉ができるまで・桜灰の水簸

薪の暮らしは里山、森の恵みに支えられています。 でも釉薬ができるほど、ひとつの種類の樹木が手に入ることはなかなかありません。 今回の桜灰は、泰阜村にあるたった一つの小中学校の桜の木を燃やした灰。 学校の桜を剪定したものを

灰釉ができるまで・桜灰と藁灰

灰釉ができるまで・桜灰と藁灰

冬に工房を暖める薪ストーブは、私達にとって、なくてはならないもの。 暖を取るだけではなく、私達の作品の釉薬「灰釉」の原料となる、大切な「灰」を作る道具でもあります。 木の種類ごとに燃やして灰を取り、その木が持つ色を際立た

穴窯・子どもの作品

穴窯・子どもの作品

12月初めの穴窯の窯焚き。 その窯焚きを一緒に行った、山村留学の小中学生達と、そのスタッフの作品を紹介します。(窯焚きの様子はこちら) スタッフの子ども、5歳の男の子が作った、石鹸置きとマグ。 小6の女の子作、焼き締めの

穴窯の窯出し

穴窯の窯出し

先週末は、穴窯の窯出しでした! 60時間近い炎との紆余曲折の戦い、結果は如何に? この扉の向こうに、すべての結果が待っています。 ワクワク、ドキドキ、ハラハラの窯出し。 特に、奥の方の釉が、果たして溶けているのかが、一番

木のスプーン

木のスプーン

穴窯が終わってホッと一息。 本当は、もう登り窯の作品準備が始まっているのですが、今日は気分転換(?)で、木のスプーンを作りました。 材料は泰阜の山桜。 まずナタで材料の桜を割り、大体のスプーンの形に面取りをします。 次は

穴窯の準備着々・その1

穴窯の準備着々・その1

12月初めの穴窯の窯焚きに向けて、準備が進んでいます。 昨日からは釉掛けが始まりました。 写真の小鉢とマグは、長石という石から作った釉薬を掛けています。 この釉薬は、ガス窯や電気窯で焼くと白一色になりますが、薪窯の炎が当

土鍋の試作

土鍋の試作

名古屋展示会が無事に終わりホッとしたのも束の間、10月の東京展示会の準備が始まっています。 毎年6月に開催してきた東京展示会ですが、今年は10月初旬の開催。 (東京はまだまだ暑い時期ですが)初秋の開催なので、今までとは違

藁灰釉はこの田んぼから生まれる

藁灰釉はこの田んぼから生まれる

この週末は、仲間の田んぼの田植えでした。 草來舎では、この田んぼの藁から「藁灰釉」を作っています。 代掻きをして水が張られた田んぼは、春が終わって夏が近いことを感じさせます。 田んぼの中は、人の足跡より鹿の足跡が多くて、

泰阜・山菜採り付き陶芸教室

泰阜・山菜採り付き陶芸教室

この三連休は、知人に頼まれての2泊3日の陶芸教室開催でした。 参加者は子どもも含めて10名。 新緑の泰阜で、のんびり作陶したり、散歩したり、おいしいご飯を作ってみんなで楽しく食べたりの3日間。ご飯は山菜の季節なので、山の



お知らせ

●6月21日(木)~27日(水)、名古屋市覚王山・ギャラリー安里にて「信州・暮らしの器展」終了致しました。ご来場頂いた皆様、ありがとうございました。
●次回展示会は、8/26〜9/2、会津若松市 画廊みゅーずにて開催です。

 

営業日カレンダー

  • 今月(2018年7月)
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31        
    翌月(2018年8月)
          1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31  
    (      発送業務休日)

検索

 
 
にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ


Copyright (C) 草來舎. All Rights Reserved.