草來舎のやきもの 草來舎の焼物ができるまで
Posts tagged as: 林檎灰釉
左側の写真をクリックすると拡大表示、右側の写真をクリックすると詳細ページにジャンプ

林檎灰釉平鉢 [h0046] 5,000円

h0046

林檎灰釉がよく融けて透明感のある爽やかな仕上がりの鉢になりました。 縁の呉須の青味がアクセントです。 草來舎の「林檎灰釉」については、こちらのブログ「林檎の木灰から釉薬ができるまで」をご覧ください。 サイズ 直径19セン

林檎灰釉丸鉢 [h0045] 5,000円

h0045

信楽の白い土に林檎灰釉を掛け、トロッとした風合いの鉢に仕上がりました。 包み込むような丸い形が、料理をやさしく受けとめます。 煮物などの和食はもちろん、トマトサラダやグリーンサラダなども色が鮮やかに見えます。 草來舎の「

林檎灰釉端反鉢 [h0044] 5,500円

h0044

たっぷり掛けた林檎灰釉が充分融け合って、登り窯ならではの力強い焼き上がりの器になりました。 林檎灰釉らしい複雑で爽やかな青味をお楽しみください。 草來舎の「林檎灰釉」については、こちらのブログ「林檎の木灰から釉薬ができる

林檎灰釉端反鉢 [h0043] 5,500円

h0043

林檎灰釉は、窯の中に酸素をたっぷり送り込みながら焼き上げると、ほんのりと赤みがさして藤色に発色します。 愛らしく落ち着いた、華やぎの器です。 草來舎の「林檎灰釉」については、こちらのブログ「林檎の木灰から釉薬ができるまで

林檎灰釉端反鉢 [h0042] 6,000円

h0042

登り窯で焼成中に、薪の灰が器に飛び込んで、林檎の灰釉と良く融け合いました。 信楽の原土の荒々しさと相まって、複雑な表情の力強い鉢が焼けました。 DM掲載商品です。 草來舎の「林檎灰釉」については、こちらのブログ「林檎の木

林檎灰釉大鉢(七寸) [h0039] 7,500円

h0039

藁灰釉と林檎灰釉を掛け合わせ、登り窯で焼き上げた大鉢です。 ゆっくり流下した表情が見どころ、大鉢ならではの豪快な作行きをお楽しみください。 草來舎の「林檎灰釉」については、こちらのブログ「林檎の木灰から釉薬ができるまで」

林檎灰釉端反大鉢(七寸) [h0038] 8,000円

h0038

登り窯の高温焼成の焼き上がり。 焼成中に赤松薪の灰が多く降り込んで、林檎灰釉と融け合いました。 単色のように見えて実は深い色合い、見込みに溜まった林檎灰釉の複雑な青さ、器全体に漲る力強い表情、高温焼成の硬さも持ち合わせた

林檎灰釉端反小鉢 [h0034] 3,000円

h0034

登り窯の中でも炎が穏やかな場所で焼きました。 林檎灰釉がやさしく融け、柔らかな白い色あいの小鉢になりました。 縁の呉須の青色が形を引き締めて、料理が映えます。 草來舎の「林檎灰釉」については、こちらのブログ「林檎の木灰か

林檎灰釉筒花入 [f0031] 6,000円

f0031

穏やかな筋目を施した筒花入れに、林檎灰から仕立てた釉薬を掛けました。 登り窯ならではの深みのある釉調に焼き上がっています。 夏にふさわしい爽やかな色合いです。 草來舎の「林檎灰釉」については、こちらのブログ「林檎の木灰か

林檎灰釉徳利 [a0126] 4,000円

a0126

林檎灰釉の小振りな徳利です。窯変で酸化焼成の色と還元焼成の色が交差して現れ、面白い景色が付きました。 お酒を召し上がらない方は、一輪挿しとしてもお使い頂けます。 草來舎の「林檎灰釉」については、こちらのブログ「林檎の木灰



検索

営業日カレンダー

  • 今月(2020年8月)
                1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31          
    翌月(2020年9月)
        1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30      
    (      発送業務休日)

 
 
にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ


Copyright (C) 草來舎. All Rights Reserved.