草來舎のやきもの 草來舎の焼物ができるまで
Posts tagged as: 焼締自然釉
左側の写真をクリックすると拡大表示、右側の写真をクリックすると詳細ページにジャンプ

登り窯・草來舎の作品 その2 焼締・自然釉の器

登り窯・草來舎の作品 その2 焼締・自然釉の器

最近日差しは春を感じさせていましたが、今日は一転吹雪の荒れ模様。 梅の蕾が膨らんできていたのに、冬に逆戻りの寒い一日でした。 さて、前回のブログでは、2月の登り窯の窯焚きで焼いた「灰釉」の作品を紹介しましたが、今回は「焼

登り窯の窯出し・子どもの作品

登り窯の窯出し・子どもの作品

まずは、週末の大雪、皆様の地域は大丈夫でしたか? 泰阜も、先週の雪がとけないうちの降雪。 土曜日は朝から窯出しの予定でしたが、朝、窓を開けてびっくり! 長野県というと雪国のイメージですが、泰阜は太平洋側気候なので、雪はあ

登り窯の窯焚き

登り窯の窯焚き

2月5日夕方から焚き続けていた登り窯の窯焚き。たくさんの仲間に支えられて、9日早朝に無事に焚き上げました。 8日未明からは泰阜でも雪が降り続け、後半は雪が降りしきる中での窯焚きとなりました。 私達の登り窯は、燃焼室である

穴窯・子どもの作品

穴窯・子どもの作品

12月初めの穴窯の窯焚き。 その窯焚きを一緒に行った、山村留学の小中学生達と、そのスタッフの作品を紹介します。(窯焚きの様子はこちら) スタッフの子ども、5歳の男の子が作った、石鹸置きとマグ。 小6の女の子作、焼き締めの

穴窯の窯出し

穴窯の窯出し

先週末は、穴窯の窯出しでした! 60時間近い炎との紆余曲折の戦い、結果は如何に? この扉の向こうに、すべての結果が待っています。 ワクワク、ドキドキ、ハラハラの窯出し。 特に、奥の方の釉が、果たして溶けているのかが、一番

南蛮ぐい呑み [a0073] 3,500円

南蛮ぐい呑み [a0073] 3,500円
a0073

伊賀と常滑の赤土を、穴窯で焼き締めました。 赤松の自然釉の部分と、土の鉄分が渋く光る部分とが、ひとつの器の中で調和しつつ混在しています。 一見地味で暗い色ですが、日本酒の透明感を感じられるぐい呑みです。 焼締南蛮の特徴と

登り窯の窯出し!

登り窯の窯出し!

2月16日に登り窯の窯出しが無事に終了しました。 窯出しは常に緊張と興奮が入り混じって、前日は寝つけないこともしばしばです。 焼き上がりを想像しながら、ああ焼けばよかったかな、こう焼くべきだったなとか、反省しても後の祭り

登り窯の窯焚き、無事終了!

登り窯の窯焚き、無事終了!

2月6日~10日、足かけ5日間の、登り窯の窯焚きが無事終了しました! 私達の登り窯は、燃焼室である胴木間と、主に作品を入れる焼成室(1の間~3の間)が3部屋の計4部屋。下の部屋から順番に、今回は86時間かけて焚き上げまし

南蛮徳利 [a0062] 6,000円

南蛮徳利 [a0062] 6,000円
a0062

鉄分の強い赤い土を、釉薬を掛けずにそのまま穴窯で焼き上げました。 口辺から肩にかけて、ほのかに自然釉が掛かっています。 お使い頂くうちにアクが抜け、艶が出てきます。濡れた石のようになってきますので、ぜひ頻繁にお使い頂き、

南蛮ぐい呑み [a0051] 4,000円

南蛮ぐい呑み [a0051] 4,000円
a0051

常滑の赤い土を、釉薬を掛けずに薪窯で焼締めました。炎が当たる火前には薪の灰が掛かり自然釉となっています。焼締めの器は、お使い頂くうちに艶が出て来るのが特徴です。キリリと冷やした冷酒がよく似合うぐい呑みです。 一緒に写って



お知らせ

●東京展示会、盛況のうちに無事に終わりました。ご来場頂いた皆様、ありがとうございました。
本年の展示会はすべて終了致しました。
来年最初の展示会は、5月中旬に日本橋髙島屋での予定です。

営業日カレンダー

  • 今月(2018年11月)
            1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30  
    翌月(2018年12月)
                1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31          
    (      発送業務休日)

検索

 
 
にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ


Copyright (C) 草來舎. All Rights Reserved.