草來舎のやきもの 草來舎の焼物ができるまで
Posts tagged as: 登り窯
左側の写真をクリックすると拡大表示、右側の写真をクリックすると詳細ページにジャンプ

粉引鉢 [h0055] 5,000円

h0055

鉄分の強い信楽の原土に、韓国の白泥土をたっぷりと掛け(粉引・白化粧ともいいます)、その上から楢灰釉を掛けて、登り窯の炎の柔らかな場所で焼き上げました。 白い器ですが真っ白ではなく、柔らかな白。丸く使い勝手の良い形です。

三島鉢 [h0054] 4,500円

h0054

鉄分の強い信楽の原土に、韓国の白泥土を藁刷毛で一掃きしました。 一見地味ながら、ぜひ使ってみて頂きたい、盛り込みやすい器です。 サイズ 直径18.8センチ 高さ6.8センチ 登り窯焼成 作=慶

三島鉢 [h0053] 5,000円

h0053

陶印を押した跡に白土を埋め、削り出した三島の鉢です。 朝鮮半島に古くからある技法で、日本では特に茶人に愛されてきました。 落ち着いた作行きが料理を引き立てます。 サイズ 直径19.2センチ 高さ7センチ 登り窯焼成 作=

緑釉印花鉢 [h0052] 5,000円

h0052

印花を施し、楢灰灰から仕立てた緑釉を掛けました。 渋めの色釉は食卓の良いアクセントになります。 サイズ 直径19センチ 高さ6.2センチ 登り窯焼成 作=葉子

瑠璃釉鉢 [h0051] 4,500円

h0051

楢灰を使った伝統的な仕立ての瑠璃釉を掛けて焼成しました。 深い色合いが食卓を華やかに彩ります。 サイズ 直径19センチ 高さ6.2センチ 登り窯焼成 作=慶

松灰釉縁呉須鉢 [h0050] 5,000円

h0050

登り窯の炎の強い場所で焼成。 松灰釉が透明感のある奥行きをもった焼き上がりとなりました。 口辺に施した呉須の藍色が松灰釉と融けあって流れる様が見所です。 サイズ 直径18.5センチ 高さ6.2センチ 登り窯焼成 作=葉子

藁灰釉平鉢 [h0049] 5,500円

h0049

藁と楢の灰から仕立てた藁灰釉を、信楽の原土に掛けて登り窯で焼成しました。 複雑で力強い表情、藁灰釉の風合いは、和食との相性は抜群です。 草來舎の「藁灰釉」については、こちらのブログ「お米の国の釉薬・藁灰釉」をご覧ください

藁灰釉丸鉢 [h0048] 5,500円

h0048

登り窯焼成中に、藁灰釉の上に赤松薪の灰が降り掛かりました。窯の中でそれらが融け合った表情が秀逸な鉢になりました。 丸い形は盛り込みもしやすく、渋い色合いは料理を引き立てます。 草來舎の「藁灰釉」については、こちらのブログ

藁灰釉端反鉢 [h0047] 5,500円

h0047

ふんわりとした風合いと複雑な色合いは、天然灰の手作りの釉薬ならではです。 器の縁のベンガラの茶色が器の表情を引き締め、料理を引き立てます。 草來舎の「藁灰釉」については、こちらのブログ「お米の国の釉薬・藁灰釉」をご覧くだ

林檎灰釉平鉢 [h0046] 5,000円

h0046

林檎灰釉がよく融けて透明感のある爽やかな仕上がりの鉢になりました。 縁の呉須の青味がアクセントです。 草來舎の「林檎灰釉」については、こちらのブログ「林檎の木灰から釉薬ができるまで」をご覧ください。 サイズ 直径19セン

1 2 3 4 5 6 15


検索

営業日カレンダー

  • 今月(2020年7月)
          1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31  
    翌月(2020年8月)
                1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31          
    (      発送業務休日)

 
 
にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ


Copyright (C) 草來舎. All Rights Reserved.