草來舎のやきもの 草來舎の焼物ができるまで
Posts tagged as: 酒器
左側の写真をクリックすると拡大表示、右側の写真をクリックすると詳細ページにジャンプ

瑠璃釉片口 [a0132] 4,000円

a0132

石を含む野性味のある信楽の原土に、深い青の瑠璃釉を掛けました。独酌にもちょうどよいサイズ、華やかさもある片口です。 一緒に写っているぐい呑は、a0116瑠璃釉ぐい呑です。 サイズ 本体直径10.4センチ(注ぎ口を含むと1

瑠璃釉片口 [a0131] 4,000円

a0131

信楽の粗目の原土に深い青の瑠璃釉を掛けました。独酌にもちょうどよいサイズ、華やかさもある片口です。 お酒を召し上がらない方は、小鉢としてもお使い頂けます。 DM掲載商品。 一緒に写っているぐい呑は、a0116瑠璃釉ぐい呑

南蛮自然釉片口 [a0129] 6,500円

a0129

鉄分の強い赤土を、釉薬を掛けずに焼締めたものを「南蛮」と呼ぶことがあります。この片口は伊賀の赤土を登り窯で焼き込みました。 焦げや失透した赤松の自然釉、見所の多い渋い焼き上がりとなりました。 お使頂くうちに艶が増し、手に

信楽自然釉片口 [a0128] 7,500円

a0128

信楽の粗目の原土を用い、登り窯の最も炎に包まれる場所で焼き込みました。赤松薪の自然釉、灰被りの景色と、見込みに溜まったビードロが見所です。 お酒の片口として、または小鉢としてもお使い頂けます。 一緒に写っているぐい呑は、

信楽自然釉片口 [a0127] 7,500円

a0127

信楽の粗目の原土を用い、登り窯の最も炎に包まれる場所で焼き込みました。赤松薪の自然釉、灰被りの景色と、見込みに溜まったビードロが見所です。 お酒の片口として、または小鉢としてもお使い頂けます。 一緒に写っているぐい呑は、

林檎灰釉徳利 [a0126] 4,000円

a0126

林檎灰釉の小振りな徳利です。窯変で酸化焼成の色と還元焼成の色が交差して現れ、面白い景色が付きました。 お酒を召し上がらない方は、一輪挿しとしてもお使い頂けます。 草來舎の「林檎灰釉」については、こちらのブログ「林檎の木灰

緑釉徳利 [a0125] 4,000円

a0125

古来の素朴な仕立ての織部釉。深い緑色が食卓を華やかにします。 お酒を召し上がらない方は、一輪挿しとしてもお使い頂けます。 サイズ 直径8.5センチ 高さ12センチ 内容量 約250㏄ 約1.4合 登り窯焼成 作=慶

松灰釉徳利 [a0124] 4,000円

a0124

酸化焼成の松灰釉の徳利。一見地味ですが、普段使いに飽きのこない、味わい深い釉調です。 お酒を召し上がらない方は、一輪挿しとしてもお使い頂けます。 草來舎の「松灰釉」については、こちらのブログ「登り窯の灰から松灰釉作り」を

林檎灰釉徳利 [a0123] 4,000円

a0123

信楽の赤土と白土を合わせてロクロ挽きした斑の生地に林檎灰釉を掛けました。肩に厚く掛けた釉のなだれが見所です。 お酒を召し上がらない方は、一輪挿しとしてもお使い頂けます。 草來舎の「林檎灰釉」については、こちらのブログ「林

林檎灰釉徳利 [a0122] 5,000円

a0122

信楽の赤土、肩を張らせた徳利に、林檎灰釉と藁灰釉を重ね掛け。藁灰釉の白濁が肩から流れた釉調が見所です。 お酒を召し上がらない方は、一輪挿しとしてもお使い頂けます。 草來舎の「林檎灰釉」については、こちらのブログ「林檎の木



検索

営業日カレンダー

  • 今月(2020年8月)
                1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31          
    翌月(2020年9月)
        1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30      
    (      発送業務休日)

 
 
にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ


Copyright (C) 草來舎. All Rights Reserved.