草來舎のやきもの 草來舎の焼物ができるまで
Posts tagged as: 飯椀
左側の写真をクリックすると拡大表示、右側の写真をクリックすると詳細ページにジャンプ

どんぐり灰釉飯碗 [m0011] 1,800円

どんぐり灰釉飯碗 [m0011] 1,800円
m0011

信楽と瀬戸の土を合わせて作り、呉須で楽しく自由に絵付けをしました。 釉薬は、どんぐりの木の灰釉です。 所々に「御本(ごほん)」と呼ばれる薄紅色が出ているものもあります。 呉須の模様と御本は、ひとつひとつ出方が違いますので

長石釉飯碗 [m0010] 2,200円

長石釉飯碗 [m0010] 2,200円
m0010

このお茶碗は、火に強い伊賀の赤土で作りました。 釉薬は灰の釉薬ではなく、信州木曽産の大平長石という石の粉から作った釉薬です。 ガス窯で焼くと単調なグレーになりますが、登り窯の炎に5日間炙られ、土の鉄分が引き出されて夕焼け

長石釉飯碗 [m0009] 2,000円

長石釉飯碗 [m0009] 2,000円
m0009

丸い形の少し小ぶりなお茶碗です。 このお茶碗の釉薬は灰の釉薬ではなく、長石という石の粉から作った釉薬を掛けました。 ガス窯で焼くと単調なグレーになりますが、登り窯の炎に5日間炙られ、夕焼けのような赤い色が発色しています。

松灰釉飯碗 [m0008] 2,000円

松灰釉飯碗 [m0008] 2,000円
m0008

器の内側に陶印を押して模様を付け、松灰釉を掛けました。 模様や内側の底に、松灰釉がガラスのように溜まっています。 明るい枯草色は、白いご飯から炊き込みご飯などまで、何をよそってもやさしい表情となります。 お茶碗が二つ写っ

松灰釉飯碗 [m0007] 2,000円

松灰釉飯碗 [m0007] 2,000円
m0007

器の内側に陶印を押して模様を付け、松灰釉を掛けました。 登り窯の中でも炎に酸素がたっぷり含まれる場所で焼いたので、明るい枯草色が発色しています。 大きさは少し小ぶり。お茶碗が二つ写っている写真は、奥がこのお茶碗。手前に写

林檎灰釉飯碗 [m0006] 2,000円

林檎灰釉飯碗 [m0006] 2,000円
m0006

林檎灰釉を掛けたシンプルな形のお茶碗です。 他の林檎灰釉の作品と違い、酸素がたっぷり含まれた炎で焼いたので、紫がかった色が発色しています。 自然の物から作った釉なので、色の出方はそれぞれ少しずつ異なりますので予めご了承下

藁灰釉飯碗 [m0005] 2,000円

藁灰釉飯碗 [m0005] 2,000円
m0005

器に内側に陶印を押して模様を付けました。そこに藁灰釉の柔かい白が溜まって優しい表情を作っています。 少し丸くて掌にすっぽりおさまる形。 自然の物から作った釉なので、色の出方はそれぞれ少しずつ異なりますので予めご了承下さい

藁灰釉麦藁飯碗 [m0003] 2,000円

藁灰釉麦藁飯碗 [m0003] 2,000円
m0003

藁灰釉のたっぷりとした薄茶色が、白いご飯から炊き込みご飯などまで何を入れても引き立ててくれます。 直径 12センチ 高さ 6センチ ガス窯焼成 作=慶 ※灰釉の性質上、色の上がりは一つ一つ微妙に違います。



お知らせ

●10月14日(日)~21日(日)、JR品川駅近く「スペース高輪」にて、展示会を開催します。

 

営業日カレンダー

  • 今月(2018年9月)
                1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30            
    翌月(2018年10月)
      1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31      
    (      発送業務休日)

検索

 
 
にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ


Copyright (C) 草來舎. All Rights Reserved.